独立 起業 資格 借金なし 自由
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無理をしない起業のすすめ

起業5年目、個人事業主。嫌われ者のダメ会社員から、人気者の自営業者にジョブチェンジ。無理せず起業のリアル体験談をお届けします。

起業するのに頑張ってはいけない理由、教えます。

こんにちは、起業6年目 いづつ京子です。

 

先週、起業したいという30代男性とお話した時、彼が言った言葉。

 「頑張ります!」

f:id:simple-english-abc:20160401213632j:plain

 

思わず言ってしまった。

「いや、頑張らなくていいよ!」

 

頑張らなくていい?

なぜ私がそんなこと言ったかというと…、

もう十分頑張ってたから。

 

彼は高校出て就職し、いわゆるブラック起業で10年働いて、結婚を機に福利厚生のちゃんとした会社にと思い転職。

転職先で今も真面目に働いているけど、この先の仕事の展望が見えてこない、漠然と不安。先輩に自営業をしている人がいるので、起業も視野に転職を考えている…と。

 

ね、もう十分頑張ってるよ。

10年勤続して、転職先でも3年真面目に働いて、奥さんも子どももいる。

めっちゃ頑張ってるやん。

 

でも、頑張りゃいいってもんじゃない。

 

若い時や自分のやりたい事がわからないような時期は、とにかくがむしゃらに頑張ることもいいかもしれない。けれどある程度頑張ったら、頑張った結果をちゃんと見直さないといけない。

 

彼はもうがむしゃらに頑張る時期は過ぎてる。

今までただただ頑張ってきた。

今は一度立ち止まって、これからは「何を頑張る」べきなのか考える時期。

 

皆さんも、安易に「頑張ります!」というのは卒業しましょう。

何を?なぜ?なんのために?どうやって頑張る?

 

やるべき事を理解して行動する。

起業に必要なのは、頑張るよりもそういうことなのです。

 

 

twitter.com