独立 起業 資格 借金なし 自由
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無理をしない起業のすすめ

起業5年目、個人事業主。嫌われ者のダメ会社員から、人気者の自営業者にジョブチェンジ。無理せず起業のリアル体験談をお届けします。

「値段が安い」では集客できない理由、教えます。

起業相談に来られた方からよく聞く言葉に、こんな言葉があります。

「お客さんのことを考えて、価格は安く設定しました。」

 

言い換えれば「お客さんが来やすいように、集客を見込んで、安くしました。」ということですね。

でも、これ間違いです。

 

皆さんも思い込んでいませんか?「値段は安い方がいい。」と。

「値段は安い方が、集客しやすい。」というのは一般常識のようですが、これは間違いです。

 

確かに「値段が安い」ことにも一定の集客力はあります。しかしそれは、価格比較サイトで比べられるような商品を扱っている場合や、業界の常識を覆すほどの「おどろきの安さ」を実現できた場合などに限ります。

個人がちょっと頑張りました程度の安いには集客力はないのです。

 

世の多くの人は「ちょっと安い高い」程度では物事を選んでいません。

 

例えば、美容院を探している場合、1000円カットのような「格安店」、カット3000円~5000円の「普通のお店」、カットで一万円近くする「高級店」、というように分類されているとします。

 

「普通のお店」でそれなりのサービスを受けたいと思っている人は、いくら安いからといって1000円カットのお店には行きませんよね。

なので、まずは自分の行きたいレベルのお店にターゲットを絞ります。

その中から、「自分の職場からアクセスがいい」とか「髪に優しいパーマ液を使っている」など、その人それぞれの条件にあてはまるお店を探していきます。

勿論、その中には「なるべく安い店」を一番の条件に選ぶ人もいるでしょう。

しかし、重要なことはそこではなく、「すべての人が安さを最優先にはしていない」ということです。

 

つまり、価格を決める上で大切なことは「自分のサービスに合った価格帯に設定出来ているかどうか」であって、その中で少し安い高い程度のことは集客に大きく影響しないということです。

 

「安い方がいい」という思い込みで値下げの努力をするよりも、自分がやりたいビジネスの相場はいくらなのか、自分の能力にいくらぐらいの価値があるのかを正しく判断することが大切です。

そして、その価値があると思ったのなら自信を持って価格提示すれば良いのです。

 

---関連記事

「値段が高い」方が集客できる理由、教えます(1) - 無理をしない起業のすすめ http://izutsukyoko.hateblo.jp/entry/2015/09/20/172921

「値段が高い」方が集客できる理由、教えます(2) - 無理をしない起業のすすめ http://izutsukyoko.hateblo.jp/entry/2015/09/22/082831