独立 起業 資格 借金なし 自由
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無理をしない起業のすすめ

起業5年目、個人事業主。嫌われ者のダメ会社員から、人気者の自営業者にジョブチェンジ。無理せず起業のリアル体験談をお届けします。

セミナー後に勧誘されたらどうしたらいいか、教えます。

こんにちは、起業6年目 いづつ京子です。

 

セミナーに参加したら、

「今、この場で本講座に申し込みして頂ければ受講費が10万円引きになります!」

…みたいなのを、ウザい と思うのって私だけですかね。

f:id:simple-english-abc:20160616002203j:plain

 

せっかく良いセミナーでも最後にあれをやられると冷める。

「最初の価格が値引きありきな価格なだけでは…」て、思う。

 

私もセミナーは開催するけど、これは絶対しない。

せっかくセミナーで参加者の人が、今日は学んだ-!楽しかった-!…な雰囲気になってるところに水を差したくない。

 

まぁ、それはあくまでも私の開くセミナーは「本業の集客と関係ない」からです。

最後に勧誘をしてくるセミナーは、「集客の手段」としてセミナーをしているから勧誘してくる。

 

だから、参加する側も集客の一環であることを割り切っておくべき。

本申し込みが自分に必要ないと思えばきっぱり断れば良い。

相手に引き留められても「今日はセミナー受けに来ただけ。良いセミナーでした、ありがとうございます。」で問題ない。

 

私はいかにも勧誘目的なセミナーはなるべく避けるけど、たまに参加する。

本申し込みが自分の中でほぼ決まっている時の下見として 参加する。

 

講義の内容が自分の求めているものに本当に合っているかとか、講師の人間性 とか、実際会ってみないとわからない部分もあるので、それを確かめにいく。

 

大切なのは、受ける側も何のために受けに行くのかよく考えて参加するべき ということ。

1日ちょっと学べればいいという考えか、

がっつり学びたいのでその下見に…なのか。

 

そういう考えなしに参加してしまうと、勧誘に対して毅然とした態度が取れず嫌な思いをしてしまう。

 

自分の求めているものをはっきりさせておけば、必要なのか必要でないのか判断できる。「10万円お得かも…。」なんてみみちいことを気にして判断してはいけない。

選択権は自分にあるのだから、必要ならイエス、必要ないならノーと言っていい。

 

もしノーと言っても執拗に勧誘してくる場合は?

断っているのにしつこくしてくる「その程度の相手」だったと判明するだけ。

断って正解とはっきりしてすっきり帰れます。

 

皆さんも、せっかく自分の大事な時間を使って参加するなら、「何を求めて参加するのか。」考えてみてはいかがでしょうか。

 

twitter.com