独立 起業 資格 借金なし 自由
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無理をしない起業のすすめ

起業5年目、個人事業主。嫌われ者のダメ会社員から、人気者の自営業者にジョブチェンジ。無理せず起業のリアル体験談をお届けします。

資格があるのに起業できない人はずばりこんな人です。

私のところに起業相談に来られる方を見ていて思うのは、

「十分なスキルや資格を持った方が多い」ということです。

「それだけのスキルがあるならさっさと起業しちゃえばいいのに。」と思います、いつも。

 

そういう方は勉強熱心なので質問もガンガンして下さいます。

「集客できるか不安です。集客のコツはなんですか?」

「顧客の心を掴むための心理学的なテクニックも必要でしょうか。」

「赤字にならない為にはどうするべきでしょう。」

などなど。

 

集客、話し方、金銭管理。どれも起業には必要なことですね。
私も気をつけていることや勉強したことは沢山あります。

 

しかし、その方々にこの質問をするとピタッと黙ってしまわれます。

「ところで、あなたは起業して"何を"したいんですか?

 業種名でなく具体的にお願いします。」

 

例えば、レストランを開きたいとして、

「"外国人と日本人が交流出来るような"店を作りたい。」とか

「"厳選したワインとそれに合う料理を完全予約制で静かに味わってもらう"空間が作りたい。」

「飲食店はブラックが多いから"安心して働ける"お店を作りたい。」

という「目的」の話です。

 

スキルも資格もあるのに、この部分がスコーンっと抜けている方が本当に多いのです。

そういう方は「起業すること」が「目的」になってしまっているんです。

 

でもそれじゃ順序が逆です。

「やりたいこと」があってそれを実現させるために「起業する」のです。

集客も経営も大切なことですが、それは「やりたいことの実現」に付随してくる業務でしかありません。

 

以前にも書きましたが、起業って別にしなくてもいいんです。
お金を稼いだりスキルを活かすだけなら会社勤めでも出来ます。

起業というのは「自分のやりたいことが出来る環境を自分で作ろう」という意思があって出来るものです。

 

行きたい場所もないのに車を買って「安全に走り続けるにはどうしたらいいですか?運転技術やメンテナンスを教えてください。」と言われても、

「目的地もないのにどこに向かって走るつもりなんですか?」としか言えません。

 

経営スキルなんてものは、その気になって調べれば本でもネットでも調べることができます。

でも、あなたの「やりたいこと」はあなたにしか分かりません。

そこを見落としていれば、いつまで経っても起業なんて出来ませんよ。