独立 起業 資格 借金なし 自由
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無理をしない起業のすすめ

起業5年目、個人事業主。嫌われ者のダメ会社員から、人気者の自営業者にジョブチェンジ。無理せず起業のリアル体験談をお届けします。

私は嫌われ会社員。/起業の話

突然ですが、会社員時代の私は嫌われ者でした。

お局さんには毎日チクチクと嫌味を言われ、
良かれと思ってアドバイスした(つもり)の後輩にはうざがられ、
いやー、毎日会社に行くのが苦痛でした。

 

こんなこと書くと
「なんだこの いづつ京子って性格悪いのか。」とか
「仕事出来ないダメ社員かよ。」と思われそうですね。

 

それでもなぜ私があえて「嫌われ者でした。」と宣言するかと言うと、

「自分は会社で嫌われてる」と認めたことが、私の起業への道を大きく開いてくれたからです。

 

私は認めちゃいましたけど、嫌われてるのにそれを認めない人って多いんじゃないでしょうか。

そんな認められない嫌われ会社員さんの思ってるのは大体こんなとこです。

「自分は頑張ってるのに周りには伝わらなくて理不尽な扱いを受けてる。
 でも、自分はちゃんと仕事やってるんだから、別に他人にわかってもらわなくてもいいよ。」

どうでしょう。思ったことあります?

私は思ってましたよ。
「きちんと仕事してるのになんで周りはわかってくれないんだ!」て。

 

でも待って下さい。
ここで一番問題なのはこれなんですよ。

「きちんと働いてるのに他人から文句を言われる」のが問題なんです。

きちんとしてるのに上手くいかないというのなら、
それはその環境があなたに合っていないんです。

世の中には集団行動が得意で、むしろ集団の中でこそ力を発揮する人もいれば、
集団行動は苦手で一人じゃないと上手くいかない、という人もいるのです。

集団行動の苦手な人が会社という大きい組織に入ってしまうと、
この「きちんと仕事してるのに周りと上手くいかない」という不幸な状況に陥ってしまいます。

そして、同じように仕事をしている集団行動の得意な人は、
「普通に仕事してるだけなのに、皆に感謝される」というハッピーな環境にいるのです。

 

「理不尽だ!集団行動苦手な人間は最初から負け組なのか?!」

と思った方もいるでしょう。

いえ、これはどっちが有利とかいう話ではないのです。「適性」の話です。

「集団には向いていない」というのがあなたの適性なら、
あなたの力が活かせる環境を作っていけばいいのです。

一人で仕事出来る環境を作ることであなたの人生がハッピーなものになるなら、
喜んでその道に向かって歩き出すべきです。

誰だって自分が嫌われてるなんて認めたくないものです。
でも、事実から目を反らすことは、解決策を見つける道からも目を反らしてしまう行為です。

 

私は起業してから人に感謝されることはあっても、人から嫌がられるということはほぼなくなりました。

自分に合った環境で働くと「きちんと仕事してるだけなのに、人から感謝される」。

これは私が起業して身を持って知ったことです。

 

「嫌われる」なんて嫌う方も嫌われる方も不幸な環境です。

そんな環境からはさっさと撤退してしまうのがあなたの為、周りの為なのです。