独立 起業 資格 借金なし 自由

無理をしない起業のすすめ

起業5年目、個人事業主。嫌われ者のダメ会社員から、人気者の自営業者にジョブチェンジ。無理せず起業のリアル体験談をお届けします。

副業をするメリット3つ

こんにちは、起業8年目 いづつ京子です。

   

副業をするメリット3つ

f:id:simple-english-abc:20170411233752j:plain


私は本業以外にもいくつか事業や収入源があります。

この話をすると

引かれることが多いです。

恐らく、

・本業で稼げばいいじゃん!

・副業=お金目的

みたいなイメージがあるからだと思います。


副業しませんか?とか、不労所得が~

みたいな怪しい人も多いですしね。


でも、私にしてみれば、

え?何言ってんの?
本業が大事な人ほど

副業すればいいのに。


と、思ってしまいます。


副業が本業にいい影響を与える理由3つ

(1)視野が広がる

(2)本当にやりたいことを優先できる

(3)楽しい



(1)視野が広がる

副業をすると本業では出会えなかった人に出会えたり、

本業では知れなかった情報を得たりできます。

 

本業 ✕ 副業の知識

で、他の同業者にはないアイデアを出せたりします。

 

 

(2)本当にやりたいことを優先できる


副業で収入に余裕を持たせておけば、
本業でやりたくもない仕事を受けたり、

コスパを考えて本当にやりたいことを断念したり

しなくてよくなります。

どんなに好きな仕事でも

忙しすぎて心が折れてしまうことや

嫌な人と関わってムダなストレスを受けてしまうことって

あると思うんですよね。

そんな事態を避けるためにも、

好きな仕事を嫌いになってしまわないためにも

お金に余裕を持たせて何が悪いの?

と、私は思う。

 

 

(3)楽しい

 

副業っていうと

楽に金を稼ぐ

みたいなイメージある人多いと思うんだけど、

副業だろうと

お金稼ぐのに楽とかない。

行動力

知識欲、学ぶ気持ち

真面目な気持ち

がなかったら

収入源なんて作れない。


だから、副業だろうと

達成できたら嬉しいし

楽しい。

 

***


なんか、

副業とか不労所得っていうと

仕事きらーい

楽に稼ぎたーい

ウハウハ

みたいな怪しい書き方する人いるから

悪いイメージ持つ人も多いと思うけど、

 

取り組む人の気持ちひとつ

だと思う。

 

真面目に取り組めば楽しいし、

自分の武器がひとつ増えて、

選択肢がひとつ増える。

 

本当に大切な本業で失敗したくないからこそ、

無理のない環境をつくる柔軟な考えが大切だと思います。

 

 

起業をしたい人がまずするべきこと。

こんにちは、起業8年目 いづつ京子です。

   

起業したい理由を見誤っていませんか?

f:id:simple-english-abc:20190407031300j:plain

 

ありがたい事にこのブログを書くようになってから

「起業したいですがどうすればいいですか?」

という質問を受けることが増えました。


私はその時必ず

こう返信をしています。


「なぜ、起業したいのですか?」


この質問、

めちゃ大事なんです。



なぜなら

答えによってするべきことが

変わってくるから。


万人に共通の答えなんてないでしょ?

目的によって

やるべきことは変わってくる。

当たり前。

では、あなたが起業したい理由はなに?

やりがい?

時間?

お金?

それ以外?

 

・・・

 

この辺

あいまいな人が

とにかく多い。


極論をいえば、

ほとんどの人にとっては

全部大事

なんですよね。

 

特に

お金

なんて

起業を考えるなら

いるに決まってる

わけですし。

 

で、

あれも大事だけど‥

これも大事で‥

って軸がぶれぶれになって

何をすればいいかわからない。

 

f:id:simple-english-abc:20161005014202j:plain

 

 

私の場合、起業の目的は

やりがい

でした。

 

会社勤めしている時は

誰かの役に立っている

と、心から思えることがなかった。

 

組織のルールの中で

本当に自分のしたいことができない

と感じていた。

 

だから、ひとりになってでも

人の役に立っていると感じられる働き方をしたかった。

自分の生き方に誇りを持てるようになりたかった。

 

なので、

私の場合はお金と時間は二の次だったかな。

やりがいを追求して基礎ができてきたら

そのふたつは後からついてきたけど。

 

・・・

 

もうひとつ、

私の友人で脱サラしている女性の例をひとつ。

 

彼女の場合は、

専門知識を活かした職業についていて

やりがいもお給料も満足のいく生活を送っていました。

 

そんな彼女が脱サラを決意した

原因は‥

通勤ラッシュ

 

彼女の職場は大都会のオフィス街にあったので、

毎日毎日、電車の中も、駅から会社までも

人人人人・・・

 

「あと何年、この人混みの中を

通勤しないといけないのだろう?」

 

そう思うと、

どうしてもその生活を続ける未来が想像できなくなったそうです。

 

 

そんな彼女の選んだ道は、

本業とはまったく関係ない

ネットビジネス(副業)

f:id:simple-english-abc:20190407035932p:plain

 

 

副業で30-40万円稼げるようになってきたので脱サラ。

現在はメインの収入はネットビジネスで得ながら、

専門知識も活かして人脈を広げたり、単発の仕事を受けたりと、

彼女なりの仕事スタイルを確立しています。

 

・・・

 

いかがでしょうか?

彼女と私の例を見るだけでも、

何を大切にするか

で、進むべき道も違ってくることがわかると思います。

 

起業をしたいあなた、

なぜ、起業をしたいのですか?

組織にいては得られないものは何ですか?

 

それを明確にすることが

はじめの一歩を見つけてくれるのですよ。

 

 

 

 

 

 

 

逃げる勇気/セブンイレブンのフランチャイズ経営

こんにちは、起業8年目 いづつ京子です。

 

最近なにかと話題になっている

セブンイレブンフランチャイズ経営。

このニュースを見てどうしても

書かずにはいられない気持ちになりました。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

 

 

ニュースの内容を要約すると、

閉店に追い込まれたセブンイレブンのオーナーが失踪し保護された。

該当店舗は本部の経営方針(ドミナント戦略)により売上が悪化。

近隣のセブンイレブン同士でスタッフの取り合いとなり、人手不足にも悩まされていた。

 

ここまでなら、今までもニュースで見聞きしていた話ですが、

このニュースでショックを受けたのは、

スタッフとして深夜勤務していた

オーナーの長男(当時19歳)が

自殺で亡くなっている

という事実。

 

彼は

未来に絶望してしまった

のでしょう。

 

 

10代の、恐らく学生の頃から、

選択の余地なく労働せざるを得ない状況。

未来に希望が持てなくなってしまっても

なんら不思議ではないと思います。

 

10代そこそこの頃なんてまだまだ世間知らずで、

親の見せる世間が社会の大部分を締めている。

 

追い詰められた結果とはいえ、

息子さんが未来をイメージできなくなってしまう、

外の世界を見る機会を奪ってしまう状況

になってしまったことが悔やまれます。

 

 

誤解のないように書いておきますが、セブンイレブンを擁護する意図は一切ありません。セブンイレブン本部が追い詰めた結果であることが大前提として、このようなどうしようもない状態に陥ってしまった時にどうすればいいのか、私なりに感じたことです。

 

このオーナーさんのような状況に陥ってしまった時に必要なのは

逃げる勇気だと思います。

 

もちろん逃げ出せば

借金を背負い、失うものもたくさんあったと思います。

 

しかし、世の中には

理不尽なこと

が確実に存在します。

 

苦労が報われない

という状態が存在します。

 

 

そんな時は

逃げる勇気が何よりも大事だと思います。

 

 

自分の来た道が間違っていたことを認めるのは

すごくしんどいと思います。

 

真面目な人ほど、

投げ出さずに目の前のことに立ち向かうと思います。

 

でも、足掻けばあがくほど

傷は広がるし、

体力も精神力も削りとられていく。

 

逃げるなら早いほうがいい。

 

 

 

逃げるって悪いことではない。

 

逃げるということは

逃げた先で仕切り直してやり直す責任を選ぶということだから。



 

 

 

起業したい人に現実的なアドバイス

こんにちは、起業8年目 いづつ京子です。

 

後悔しないためにできること

 

f:id:simple-english-abc:20161005014202j:plain

このブログを始めて5年目に突入しているわけですが、

その間にもたくさんの脱サラ・起業する人を見てきました。


そして、

鳴かず飛ばずで消えていく

人たちも見てきました。


起業を断念する理由は

まぁ、お金ですよね。

 

やばいこのままじゃ生活できない‥

となって会社員に戻る。

 

なので、今回は

起業1年目のために現実的にやっておくべきお金の話

を書いてみます。

 

 

 

起業1年目のために現実的にやっておくべきお金の話

 

(1)失業保険の内容を確認しておく

現在、社会保険雇用保険に入っている人は

退職する前に内容をちゃんと確認しておきましょう。

実は、失業手当はちゃんと確認しておかないと

もらえる金額が2~10倍くらい変わってきちゃうのです。


(2)補助金を調べる


起業するなら補助金がもらえる可能性があります。

自治体によるので、管轄の市役所などに確認しにいきましょう。

 

(3)保険に入る


起業一年目なんて

何の保障もない丸裸な状態です。

起業1年生こそ

万が一の保険はちゃんと入っておきましょう。


生命保険や医療保険だけでなく
お客さんとトラブった時の弁護士費用とか

壊れた備品の補償とか

をしてくれるような損害保険などもあるので、

何のために必要なのかよく考えて入りましょう。

 

 

(4)貯金しておく


私は開業資金の中から何かあった時のために48万円残しておきました。

(今思うと少ないな‥)

***

 

こんな感じで

起業1年目の収入が不安定な期間のために

しておけることはたくさんあります。

 

はっきり言って、

1年目からいきなりうまくいくわけない

くらいに思っといた方がいいです。


1年目って

トライアンドエラー

経験から学ぶ

試行錯誤

の時期ですからね。

 

いざという時のために

備えておいて損はなしです。


起業って思い切りとかも大事ですけど、

準備しないのはただの無謀ですからね。

 

 

 

努力が報われない人の特徴と対策

こんにちは、起業8年目 いづつ京子です。


努力が報われないのはなぜか

f:id:simple-english-abc:20161005014029j:plain


皆さん、努力って好きですか?

私は好きです。

努力なくして
なにかをなし得るとかない
と、思ってます。

 

ただ、

努力すりゃいいってもんじゃない。

報われない努力もある。


報われない努力するくらいなら
立ち止まれ。

 


会社員生活に不安感じている人って

怠け者じゃなくて

がんばり屋さんが多い。


がんばってるのに報われない感じ。

未来につながってない感じに薄々気づいて

心が苦しい。


報われない努力をしてしまう人の特徴

(1)目の前のことを頑張ってしまう
(2)周りに気を使ってしまう


与えられた仕事、目の前に現れたタスクは
精一杯対応する。

 

周りに迷惑をかけたくない。

家族に迷惑をかけたくない。

 

そんな気持ちで、

がむしゃらに頑張る。

 
がむしゃらに頑張っているうちに

すり減ってしまう。

 

この考え方の一番の欠点は、

チャレンジできなくなってしまうこと。

 

チャレンジしたら

周りは心配するし、

環境を変化させることは、

周りに迷惑をかけてしまう(気がする)。

 

だから、チャレンジできない。

変化しない。

 

そして、

ボロボロになって、頑張れなくなってやっと

「このままじゃいけない」と気がつく。

 

 

・・・

 

ボロボロになる方が

よっぽど周りに迷惑も心配もかけるんですけどね。


とにかく人生って

頑張ればいいってもんじゃないんですよ。

 

報われない努力に消耗するくらいなら

一回立ち止まって

「どうやったら報われる努力ができるのか」

を、もっと真剣にいやほど悩み抜くべきなんですよね。

 

いいじゃないですか、立ち止まっても。

心配かけたっていいんですよ。

あなたの人生に責任とれるのはあなただけなんですから

一時的に心配かけようが

最終的に安心してもらえたらそれでいいんですよ。

 

 

 

 

 

チャンスを掴む方法2/まず最初はこれを練習しよう

こんにちは、起業8年目 いづつ京子です。 

 

チャンスを掴む方法2

f:id:simple-english-abc:20181014193220j:plain

 

前回の記事では、

チャンスが来てから動き始めても、

チャンスは掴めない。

今日できることから始めよう。

 

という話をしたわけですが、

で?何をすればいいの?!

‥ていうのが

実際の皆さんの悩みどころなのではないでしょうか?

 

私は23歳で「会社員以外の生き方したい!」と気づいてから、

資格の勉強したり、

FXや株をしてみたり、

人脈を広げようと交流会に参加してみたり

‥と、

行動だけは人一倍していた気がするのですが、

正直どれも

的外れだったなぁ~

って思っています。

 

これで食っていくぞ!!

みたいなやりたいことが明確な状態なら

勉強とか株も間違いじゃなかったと思いますが、

 

なにかしたいけど何がしたいかわからない

何から始めればいいかわからない

 

という状態の人は

何をすればいいのか?

それはずばり

 

気持ちを伝える練習

 

ずばりこれ。

ホンマこれ。

 

私は起業8年目にして、

気持ちを伝えることの重要さをひしひしと感じています。

 

起業というと多くの人が

すごい技術とか

すごい知識とか

が大切だと思いがちなのですが、

 

どんなにすごい技術も知識も

伝わらなければ認知されないし売れないし仕事にならない。

 

で、技術や知識にとらわれていると

気持ちを伝えることを疎かにしがち。

 

わかる人はわかってくれるはず‥!

みたいなね。

 

仕事って

人と人との営みなのです。

 

気持ちが伝わるから人が動く。

人が動くからお金が動く。

 

技術や知識を絶対視しがちですが、

技術や知識は行動をする中で身についてきます。

 

何をすればいいのか

何がしたいのかもよくわからないのなら

まずは

今の気持ちを素直に人に伝える

ことから始めてみましょう。

 

これがなかなか難しくてね~

私もまだまだ試行錯誤しています。

 

でも、

これから先、どんなステージまで進んでも

ずっと切っても切れないこと

だと思うのです。

 

 

チャンスを掴む方法1

こんにちは、起業8年目 いづつ京子です。 

 

チャンスを掴むには?

f:id:simple-english-abc:20181014193220j:plain

 

 

今でも忘れられない人がいます。

それは、このブログを書き始めた頃にお会いした

起業を目指す40代の女性

のこと。

 

f:id:simple-english-abc:20170117180211j:plain

 

このブログを始めて4年経っているので、

もう4年以上前の話なのですが、

その女性はこう言っていました。

 

「今は家庭の事情で起業できないので、

2年後に起業したいです

 

・・・

 

何言ってんだーーー?!

f:id:simple-english-abc:20161005014202j:plain

 

そう思ったのは、

彼女が

2年後になったら動き出す

というスタンスだったから。

 

 

チャンスが来てから動き始めても、

チャンスは掴めない。

 

 

私は起業してから何度となく

チャンスに出会いました。

そして、

そのチャンスを掴みました。

 

例えば、

出版ができたのは

6年以上お店を経営していた経歴があったから。

2年以上ブログを続けて文章力を磨いていたから。

 

 

6年前を思い出してみれば、

実績ゼロ

お客さんゼロ

から始めて

初月売上3000円。

 

起業なんて言えたレベルではない。

ブログも同様、ひどいスタート。

 

 

ひどいレベルからでもとにかく行動した。

だから、いざチャンスが来た時に、すぐに動けた。

 

 

チャンスがくるまで座りっぱなしの人は、

いざチャンスが来たときに足がもつれて動けないです。

頭も回らないのです。

 

今は、幸いにもインターネットがあり、

今すぐに始められることなんていくらでもあります。

 

ブログやSNSで発信することだって

行動です。

 

チャンスを掴んだ時の華々しさだけをイメージしていたら

いつまでも動けない。

 

2年間、

700日以上行動をしたら

どれだけ前に進むことができるでしょう。

 

2年後を夢見る暇があるなら、

今日できるたったひとつの小さなこと

を始めましょう。