独立 起業 資格 借金なし 自由
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無理をしない起業のすすめ

起業5年目、個人事業主。嫌われ者のダメ会社員から、人気者の自営業者にジョブチェンジ。無理せず起業のリアル体験談をお届けします。

頭を良くする方法、教えます。

こんにちは、起業6年目 いづつ京子です。

 

頭が良くなる方法

f:id:simple-english-abc:20170325185228j:plain

 

あなたは

頭が良いですか?

 

起業を考える時に、

「私はあの人みたいに頭が良くないから無理だ…。」

と、思う人って多いと思います。

 

でも、それって

いらぬ心配です。

 

学校の勉強ができるような頭の良さと、

起業してやっていける頭の良さは別だから。

 

国家資格とか専門知識の勉強には、

学校の勉強的な頭の良さも大切ですが、

 

会社員を辞めたい

自分らしく生きたい

現状を変えたい

 

…というようなことが目的なら

必要なのは、

起業してやっていける頭の良さ

だけです。

 

起業してやっていける頭の良さっていうのは、

つまり、頭のやわらかさです。

 

やわらかさとは、

ものごとをなぁなぁにしない判断力

情報を耳に入れる素直さ

楽しいことや新しいことを考えられる想像力

 

などです。

 

いくら勉強のできる人でも、

現状を見て見ぬふりしたり、

人の話を聞かなかったり、

新しいことに考えの及ばない人では

だんだん衰退していく

…と思いませんか?

 

頭がカタイっていうのはつまり

頭が行動に結びつかない

状態です。

 

ブラック企業に勤めてる人が

思考停止して

現状維持し続ける感じです。

 

頭に入った情報を

自分事として受け止められない。

だから行動に繋がらない。

 

つまりつまり、

起業してやっていける頭の良さっていうのは、

情報を自分事として受け止められる頭です。

 

そういう頭は

意図的につくっていけます。

 

美しいものを見て感動する。

新しいことを知って驚く。

人に感謝する。

人に感謝される。

 

感受性を失わせないということです。

 

「あー、それ知ってる。」

「どうせ、◯◯でしょ。」

みたいな斜に構えた見方をしていると、

頭はどんどん死んでいきますね。

 

頭が良くするためには、

ちゃんと刺激を与えて、

ちゃんと刺激を受け止めることです。

 

あなたの頭は死んでませんか?

 

twitter.com

 

現状を肯定しても意味がない理由、教えます。

こんにちは、起業6年目 いづつ京子です。

 

ちゃんと未来を想像してる?

f:id:simple-english-abc:20161115172941j:plain

 

昨日は知り合いの紹介で、

年収1億円以上の起業家さんによる

プライベートセミナーに参加してきました。

 

当たり前ですけが、

成功したかったら成功している人の声を

聞くのが一番ですよ。

 

今回、年収1億円以上の起業家さんの話を聞いて、

ある共通点に気づきました。

 

それは、

未来を想像している。

 

これは、先読みする力とかじゃないです。

自分の未来です。

 

皆さん起業されたのは20代だったり30代だったり

バラバラなのですが、

 

「今(会社勤め)のまま働き続けたら、

 自分の未来はこうだろうな。」

 

…と想像して、

起業を決意されていました。

 

私も24歳で起業したいと感じたきっかけは、

職場の上司を見て、

「この会社で40年働いたら、

 未来の自分の姿はこれか…。」

と、思ったことでした。

 

未来を想像するタイミングって、

誰でもけっこうあると思います。

 

でも、多くの人は、

未来から目を逸らす。

 

それは、

不都合な未来は見たくない

から。

 

そして、

未来から目を逸らしたところで、

今日明日に困るわけじゃない。

 

まだ見えない未来を考えて動くより、

見えているにフォーカスする方が楽ちん。

 

いつかは起業したいけど、出来ない。

…という人は、ばかり見ているのではないでしょうか?

 

「お給料が30万円ならそこまで悪くはないし…。」

「正社員の立場は貴重だから。」

「仕事があるだけありがたい。」

 

今を肯定することは簡単です。

なぜなら紛れもなく存在する現状だから。

 

現状を肯定することと、

未来から目を逸らさないことは別ものです。

 

誰にでも「こうなりたい」という未来が

あると思います。

 

その未来に

「今」が繋がっているのか?

 

そういう風に考えなければ、

いつまで経っても決断できないし、

変化もできないと思います。

 

皆さんの欲しい未来は何ですか?

想像してみてはいかがでしょうか。

 

 

twitter.com

節約をしてはいけない理由、教えます。

こんにちは、起業6年目 いづつ京子です。

 

何もしないリスク

f:id:simple-english-abc:20170102021136j:plain

 

私は家計簿をつけるのが好きで、

6年前に起業した時の開業資金は、

一人暮らしで会社勤めしながら

コツコツ貯めたお金でした。

 

元々節約好きだった私ですが、

ある時、

どこまで極限まで節約できるか

にチャレンジしたことがあります。

 

なるべく安いモノを買う…

とかじゃなく、

必要なモノも買わない。

 

とにかく、

「支出ゼロを目指す!」

くらいの気持ちで生活してみました。

 

最終的には家賃+2万円/月くらいで、

生活できました。

 

さすがに2ヶ月くらいで

限界を感じてやめたんですが、

その時に気づいたことがあります。

 

お金を使わない一番確実な方法は、

何もしないこと。

 

反対に、

これをするとお金が出て行きやすい

トップ2は

 

・外出

・人と会う

 

外に出たり人に会ったりして、

外部からの刺激が入ってくると、

何かとお金が出ていく。

 

お金を使いたくないと思ったら、

誰とも会わずに、

家で寝てるのが一番。

 

実際、極限の節約を目指した2ヶ月間は、

仕事以外は何もしない引きこもり状態でした。

 

そんな2ヶ月間の果てに

感じたことは…

 

何もしてないのに、

時間だけが過ぎてしまった…

という後悔。

 

こういう生活続けた先にあるのは、

何もしていないのに

歳だけとった。

 

何もしないって…

怖っ!

 

お金を使うことには、

お金が減るというリスクがあるけど、

その先には、

経験、気づき、学び、成長…

というリターンの可能性があります。

 

でも、お金を使わない、

何もしないというリスクの先には、

何もない。

 

つまるところ人生は、

お金を使う一択

なんですよね。

 

それなら、

意志をもって使うべき。

 

節約って誰でも

やろうと思えばやれますよ。

 

それより難しいけど大事なのは、

意志をもって使うことなんですよね。

皆さんはただの節約しちゃってませんか?

 

twitter.com

起業に必要なものはひとつだけ、教えます。

こんにちは、起業6年目 いづつ京子です。

 

 起業に必要なものはひとつだけ

f:id:simple-english-abc:20170102021136j:plain

 

私事ですが、本業で本を出版するので、

現在、執筆中です。

 

出版社の編集さんと打ち合わせしてるのですが、

この担当編集さんが、

すごく私の気持ちをわかってくれる方で、

今、めちゃめちゃやる気沸いてます。

 

担当編集さんの言葉。

 

「筆者の気持ちがこもった文章でなければ、売れない。

 情報を載せるだけでは本は売れない。

 気持ちのない本なら出す意味がない。」

 

これって、起業にも、

すべての仕事にも言えると思いますよ。

 

何のために仕事をしているのか?

誰に喜んでほしくて、仕事をしているのか?

気持ちのない起業ならする意味がない。

 

言い換えれば、

気持ちさえあれば起業はできる

ということです。

 

もちろん、気持ちだけでは駄目です。

でも、

気持ちがあるからこそ、

どうすればいいかと考え、

試行錯誤し、

失敗しても起き上がり、

トライアンドエラーをしながらも、

確実に前進していけるんです。

 

皆さんの気持ちは何ですか?

何のために起業するのか、

考えてみてはいかがでしょうか。

 

twitter.com

好きな事だけでは成功できない理由、教えます。

こんにちは、起業6年目 いづつ京子です。

 

楽しくないと続かない

f:id:simple-english-abc:20161005214221j:plain

 

最近、仕事でちょっと行き詰まってしまい、

起業家友だちに相談してきました。

 

その中で出てきた話題。

「楽しくないと続かないよね。」

 

起業って

自分のやりたい事、できる事を

やるのが基本とは思いますが、

集客を考えると、

自分の気持ちだけでうまくいくわけではなく、

見せ方

というのが大切になってきます。

 

そして、

需要。

 

見せ方や需要を考えて動くと、

自分のやりたい事とずれが生じる

というのは多くの起業家さんが

通る道のようです。

 

いくら需要があっても

自分が心から楽しいと思っていなければ、

続きません。

 

ただし

注意したいのは、

本当に楽しいのか

楽しくないのか

やってみないとわからないよ

ってことです。

 

起業出来ないひとに

ありがちなのが、

最初から自分の好き嫌いだけで

判断してしまう

ことです。

 

やる前から好き嫌いで判断するのは、

自分のやりたい事にしか焦点が当たっていない思考です。

 

あなたが楽しそうでやりたい事は、

誰だってやりたいです。

 

誰でもやりたい楽しそうな事に飛び込んだところで、

その他大勢になるのがオチです。

 

誰だって、

自分のやりたい事がしたいです。

 

自分のやりたい事に比べたら、

他人の要望(需要)は、どうしても2の次。

 

自分のやりたい事×需要

という複雑なものにチャレンジするからこそ、

自分だけの価値が作れるのではないでしょうか。

 

そのチャレンジする試行錯誤の中で、

実感するものなのです。

楽しいのか。

楽しくないのか。

 

大切なのは、ここで感じる楽しいは、

やってみたら楽しかった

だということです。

 

やってみて、失敗もしたけど、

楽しいと思う。

 

やる前の「想像の楽しそう」とは

まったく別ものです。

 

皆さんは、

やる前の好き嫌いで

立ち止まっていませんか。

 

「やってみたら楽しかった」

見つけてみてはいかがでしょうか。

 

twitter.com

 

恥を隠さない理由、教えます。

こんにちは、起業6年目 いづつ京子です。

 

恥をさらす生き方をしています

f:id:simple-english-abc:20170102021136j:plain

 

最近、ブログのアクセス数が増えています。

なぜかわからないけど、嬉しいですね。

 

昨日、美容院に行ってきました。

小顔補正立体カットという

特許技術のカットがあると聞いて、

行ってきました。

 

で、担当の美容師さんとお話してたら

「すごい、しっかりしてますね!」

…と、言ってもらいました。

 

一応、自営業6年目なので、

いやでもしっかりはしてくるかなー

とは思いますが、

 

正直、

私は全然しっかりした人間じゃないです。

 

大人になって

あまりにもしっかりしていない自分

に気づいて、

慌てて軌道修正を試みて、

ジタバタしているような人間です。

 

なので、

今の私の生き方って、

「皆!!私みたいにはなるなよーーー!!!」

て、言って回ってるだけなんですよね。

 

「まぁ、なんとかなるだろう。」

「仕事がんばってるもん。」

「節約してるもん。」

ニートよりはまし。」

 

そんな、その場しのぎの生き方を

してきてしまったことに、

めちゃくちゃ後悔してます。

 

昔の自分のようなことをしてる人を見ると、

昔の自分を見ているようで

むずむずします。

 

そして、恥ずかしいけど、

自分が情けない生き方してきたことを隠さず、

相手に向き合うようにしてます。

 

自分の生き方が間違ってたと気づいて、

認めて

恥を隠さず生きています。

 

皆さんは、自分の人生をどう思いますか?

 

間違っていてもいいと思います。

それを認めず目を逸らす方が、怖い。

 

恥は認める。

隠さない。

 

そうやって前に進むのではないでしょうか。

twitter.com

 

 

 

同じ商品を安くゲットする方法、教えます。

こんにちは、起業6年目 いづつ京子です。

 

同じ商品を安くでゲットする方法

f:id:simple-english-abc:20170117180211j:plain

 

起業して「値段をつける側」になり、

消費者目線しかなかった頃には

気づかなかったことを学びました。

 

例えば、

皆さん、世の中には

 

同じ商品でも

違う値段で売れる

 

ことがあるのをご存じでしょうか?

 

1割引2割引とかの話ではなく

2倍以上の話です。

 

わかりやすい例を上げると、

健康グッズ。

 

全く同じ商品を

 

A 腰痛が予防できる

B 腰痛の痛さが解消される

 

という別々の説明で売ったところ

 

BはAの5倍の値段で売れた。

(Aは1/5の値段でも売れなかった)

 

という実験結果があります。

 

人は不確かな未来よりも

目の前の緊急のものに高くてもお金を払う

という事です。

 

ここで、「ふーん」と思ってはダメですよ。

これはつまり、

 

緊急事態にならないと動かない生き方

をしていると

同じモノを高くで掴まされる生き方

 

をしているということです。

 

緊急になって焦って動くことは誰にでもできます。

そうやって生きている限り

ずっと「その他大勢の生き方」しかできません。

 

未来は誰にとっても不確実なのです。

その未来に対して、

「自分はこう思うから、こう動こう!」

と、意志をもって動ける人が、

その他大勢でないモノを手に入れる生き方

ができるのだと思います。

 

皆さんは、

予防する生き方

を出来ていますか?

 

痛みが出てからでは

遅い

 

そう思いませんか?

 

twitter.com