独立 起業 資格 借金なし 自由
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無理をしない起業のすすめ

起業5年目、個人事業主。嫌われ者のダメ会社員から、人気者の自営業者にジョブチェンジ。無理せず起業のリアル体験談をお届けします。

怪しいセミナーやコンサルにひっかからない方法、教えます。

こんばんは、起業5年目 いづつ京子です。

 

先日、名古屋までセミナー受けに行ってきました。

f:id:simple-english-abc:20160611214654j:plain

家族にお土産。

 

…が、残念ながら「あー、ハズレや…。」ていうセミナーでした(^^;

一言で言うと、自分は実績ないのに口だけでコンサルティングしてる人。

 

まぁ、いろいろ参加していればハズレを引く時もあります。

でも、出来ればそういうのにはひっかかりたくないし、うっかり高額契約とかしたくないですよね。

 

怪しいセミナーやコンサルティングはどう見分ければいいのか?

 

これは難しい問題です。合う合わないもありますし、例え詐欺っぽい内容でも本人がそれで刺激を受けてやる気を出せば問題ではないですしね。

 

私の場合、「このフレーズがあると信用できないな。」というものがひとつあります。

それは、「実力や実績がなくても稼げます。」

 

これはとある集客セミナーで講師の方が実際に言われた言葉です。

私の集客法なら月収100万円は確実です、みたいな話になった時に、参加者の女性が質問されました。「私はまだ起業準備中で、実績も経験も全くないのですがそれでも大丈夫ですか?」「はい、実力や実績がなくても稼げます!」

 

この言葉を聞いた時、私はすっごい違和感を感じたんですよね。

何故かというと、「自分がお客の立場だったら実力ない人にお金払うの嫌やん。」と思ったから。

 

私は自分が起業しようと思った時、自分が起業したい業界で働く人のレベルが下がりまくっている現状に不満で私が何とかしないと!って、思ったという経緯があったので尚更かもしれないけれど。

実力がないことを肯定するような言葉を発するその人に違和感を感じたんです。

信用出来ないというより、この人と関わりたいと思えない。

 

セミナーとかコンサルトとか、誰だって良いことしか言いません。

儲かります。成功します。

 

こういう時に、本当に儲かるのかな、成功するのかな…、という「得する部分」に目を向けるから多くの人は判断を誤ってしまうのです。

 

そういうことよりも「大切にしているもの」とか、「人間として関わりたいと思えるか」というような感覚が最終的な判断には必要です。

 

起業するということは誰とつき合うかということも自分で判断するということです。

違和感を感じることにははっきりノーと言える。

そういう決断力も無理をしない自分らしい起業には必要。

そう思いませんか?

 

twitter.com