独立 起業 資格 借金なし 自由
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無理をしない起業のすすめ

起業5年目、個人事業主。嫌われ者のダメ会社員から、人気者の自営業者にジョブチェンジ。無理せず起業のリアル体験談をお届けします。

起業前の人脈作りがうまくいかない理由、教えます。

こんにちは、起業5年目 いづつ京子です。

 

年末ですね。今年は出会いも多くて良い年になりました。

特にブログを始めたことで、思いがけず繋がりが増えたと感じています。

 

起業してから身にしみて感じていますが、出会いというのは作ろうと思って作れるものじゃないですね。

 

自分が頑張っていると自然と出会いが生まれると思います。

 

起業をする前に、「人脈を作りたい」と思って四苦八苦していた時期がありました。

頑張って交流会に参加したり、初対面の人とも喋るようにしたり。

 

この時を思い出すと「迷走」という言葉がぴったりですね。

 

結論から言えば、この時の人脈作りは全くうまくいきませんでした。

頑張って声をかけた結果↓

 

・うざがられる

・近寄ってくるのは下心のある人間だけ

 

こんな感じ。

 

頑張って連絡先聞いたところで、その後仲良くなることもないし、何より「あれ、私うざがられてる…?」と気づいた時はきつかったです。

 

気がつけば自分の周りにいるのは、

 

・私がお金を払う客だから相手してくれる店員さん

・女の子の知り合いがほしいだけのおじさん

・自称お金持ちの怪しい人

・向上心のない暇な人

 

こんな人たちでした。

 

とてもじゃないが人脈とはいえないですね。

 

まぁ、今思えば、起業したいと思ってるだけで何もないイチ会社員が出会いを求めてもそうなるのは当然でした。

 

「なんとなく人脈がほしい」と思ってるだけで、「何のためにどんな人と出会いたいか」もわかっていなかったし。出会えるわけがない。

 

何より一番の敗因は、私がしょうもない人間だったということ。

 

夢に向かって頑張ってるわけでもない。

頑張ってる姿で相手にパワーを与えるような人間でも、

何か相手と協力できるようなスキルがあるわけでもない。

 

もし、自分が逆の立場でその時の私みたいな人間に話しかけられて仲良くなりたいかっていわれたら…、そういうことですよ。

 

人脈作りをしたいなら

 

・明確な目標があること

・その目標のために具体的な行動を起こしていること

 

は必須だと思います。

 

人との繋がりは、相手があなたのそういう姿を見て賛同したり、応援したいと思うことから出来ていくのでしょう。

 

魅力のない人間が人脈を作ろうとするなんて、木の棒が砂の中に飛び込んで砂鉄を集めようとするようなもんでしょ?無理ですよ。

 

その前に、自分が磁石のような人間になれるように行動しないとダメなんですよ。

 

起業前に四苦八苦する努力は人脈作りじゃなくて、自分のスキル、実績をつくるために使うべきです。

 

だから私は、小さくてもいいから自分の出来ることで、さっさと無理をしない起業をしてしまった方がいいと思うんです。

 

それが良い人脈を作るための一番の近道だと思います。