独立 起業 資格 借金なし 自由
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無理をしない起業のすすめ

起業5年目、個人事業主。嫌われ者のダメ会社員から、人気者の自営業者にジョブチェンジ。無理せず起業のリアル体験談をお届けします。

「家計簿」が起業に役立つ理由3つ

起業のために今から出来ることの一つに「家計簿をつける」があります。

「家計簿」というと地味?庶民的?
そんなのが役立つほど起業は甘くないと感じる人もいるでしょう。

では、家計簿が起業に役立つ理由を順番に見て行きましょう。

 

(1)家計簿をつける習慣がそのまま帳簿をつける習慣に繋がる。

 

帳簿というと簿記など経理の知識がいるのでは?と思う方もいると思いますが、個人事業レベルで売掛やら借入やらややこしい項目が出てくることはほとんどなく、普通の家計簿とすることは大差ありません。

仮にややこしい項目が発生しても、お金の出入りさえ記録しておけば後から調べることはいくらでも出来ます。

まず「お金の出入りを記録する習慣」があることが帳簿の基本です。

 

(2)開業資金を貯める第一歩。

 

借金せずに開業するならば、自分で資金を貯める必要があります。

効率よく貯蓄するために収支の管理は欠かせません。

 

(3)自分に必要な生活費がわかる。

 

自分の生活に最低限必要な金額が分かっていれば、開業後の売り上げ目標のひとつの指標になります。

「高ければ高いほどいい」というような漠然とした目標では、売り上げを上げても上げても安心出来ない不健全な経営になってしまいます。

たかが家計簿と思うかもしれませんが、必ずレシート(領収証)をもらう、ネットのカード決済や自動引き落としなども忘れずに記録、といった地道な作業は慣れていないと億劫に感じるものです。

 

家計簿はノートとペンさえあれば出来る簡単な起業準備です。

壮大なことをするだけが起業ではありません。まずは基礎を堅めていくことを大切にしてください。