独立 起業 資格 借金なし 自由

無理をしない起業のすすめ

起業5年目、個人事業主。嫌われ者のダメ会社員から、人気者の自営業者にジョブチェンジ。無理せず起業のリアル体験談をお届けします。

いかにストレスを溜めずに生きるか

こんにちは、起業9年目いづつ京子です。

 

いかにストレスを溜めずに生きるか

f:id:simple-english-abc:20200104191434p:plain

私は28歳で脱サラ&起業しましたが、

起業してまず一番感動したことが、

ストレスフリーで働ける

ということでした。

f:id:simple-english-abc:20170102021136j:plain

 

私は働くことが嫌いではありませんでした。
むしろ、バリバリ働きたいと思っていました。

なのになぜ、

会社員を続けることに限界を感じていたかというと、

日々のストレスがすごい

からでした。

 

・人付き合い下手すぎる

・協調性なさすぎる

 

から、

人と一緒に働くこと自体がとんでもないストレスだったのだと、

一人で働けるようになってやっと気づいた。

 

そして、

ストレスがないとこんなにも

人生の満足度が変わるのか

と思ったのです。

 

起業当初の私はそんなに儲かっていたわけではないので、

収入はぼちぼちでした。

 

でも、

お金がないとか

不安とか

まったく感じませんでした。

 

会社員をしていた時の方が安定して収入はあったけど、

お金が足りないと感じることも不安も多かった。

 

なぜか?

 

ストレスの溜まる環境にいる、

自分の居場所じゃないと思うところで日々を過ごす、

そうすると、

どんどん

自己肯定感がすり減っていく。

 

自分に自信がもてないから、

足りないものを

何かで穴埋めしたい。

 

何かが欲しい

と思って消費するけど、

一時的にしか満足はしない。

 

1円でもお金が減ると、

何かが欠けた気がして不安になる。

 

自己肯定感がすり減っていると

お金があってもあっても満足できない。

 

***

 

だから私は、

起業してから

いかにストレスを溜めないか

自己肯定感を傷つけないか

と、常に考えるようになった。

 

勘違いしてはいけないのは

ストレスフリー=楽ちん

ではない

ということ。

 

楽ちんでもやりがいのない仕事や

人の役に立たないような仕事に

自分の人生を消費されたいか?

私は嫌です。

 

ストレスフリーとは

自分がやりたいことをできたり、

人の役に立っていると実感できるよな

そんな環境を作ることではないでしょうか?

 

 

環境を変えるためには

 

一時的な努力、

一時的に時間や金銭的に追い込まれる

なんかが必要で

一時的には疲れることもあるんじゃないかなと思います。

 

 

起業にはすごいスキルが必要と思っている人が多いけど、

起業に必要なのは

環境を変えるための努力

だと思います。

いかがでしょうか。