独立 起業 資格 借金なし 自由
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無理をしない起業のすすめ

起業5年目、個人事業主。嫌われ者のダメ会社員から、人気者の自営業者にジョブチェンジ。無理せず起業のリアル体験談をお届けします。

起業をするタイミング、教えます。

こんにちは、起業6年目 いづつ京子です。

 

いつやるの?

f:id:simple-english-abc:20161115172941j:plain

 

私は健康に関する仕事をしているのですが、

こんな動画を見つけました。

起業にも通じる部分があったので紹介します。

 

【TED】11歳の少年による的確な指摘、「僕たちの食料システムが何かおかしいよ」 

www.co-media.jp

 

この動画では、11歳の少年が産業化した食料システムの問題点を指摘しています。

注目すべきは3:30辺り。

 

「地元の(有機栽培の)野菜を買うべき。」

「地元の野菜は高いのでは?と指摘がある。」

「地元の農業従事者にお金を払うか、病気になって病院にお金を払うかの違いだ。」

 

この考え、皆さんは持っていますか?

これを仕事に置き換えて考えてみてくださいね。

 

食事は大事だとか、

今の食料システムは危険かも…と

気づく機会は誰でもあると思います。

 

でも、その時に大半の人は、

「でも、良い食べものって高いしなぁ。」

「まぁいっか。」

…で、終わります。

 

そして、いざ歳をとって体に不調が出てから、

あわてて病院に行く。

 

仕事も一緒です。

 

「このままでいいのかな?」

「今のままじゃ将来やばいかも…?」

…と、気づく機会はいっぱいあります。

 

でも、

「まぁなんとかなるか…。」

「起業…、借金とかしたくないし…。」

と、見て見ぬふり。

 

そして、歳をとってから…?

 

世の中には2種類の人しかいません。

A.問題解決に積極的に動く人

B.見て見ぬふりして将来あわてる人

 

で、圧倒的にBの方が多い。

何故か?

Aを選択したら、行動を起こした自分の責任になるから。

思い切って起業して、万が一失敗したら自分のせい。

 

Bなら被害者になれる。

「会社が給料上げてくれない…不幸な私。」

「残業残業で自由がない…ひどい会社だ!」

 

自主的に動かなければ人のせいにできる。

責任を負いたくないから自主的に動けない。

 

でも、

自分の人生に自分が責任負わなくて

誰が負うの?

 

11歳の子どもでも、

気づいている子は気づいている。

 

今行動するのか?

将来後悔するのか?

 

皆さんはどちらを選びますか?

 

twitter.com