独立 起業 資格 借金なし 自由
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無理をしない起業のすすめ

起業5年目、個人事業主。嫌われ者のダメ会社員から、人気者の自営業者にジョブチェンジ。無理せず起業のリアル体験談をお届けします。

頭を良くする方法、教えます。

こんにちは、起業6年目 いづつ京子です。

 

頭が良くなる方法

f:id:simple-english-abc:20170325185228j:plain

 

あなたは

頭が良いですか?

 

起業を考える時に、

「私はあの人みたいに頭が良くないから無理だ…。」

と、思う人って多いと思います。

 

でも、それって

いらぬ心配です。

 

学校の勉強ができるような頭の良さと、

起業してやっていける頭の良さは別だから。

 

国家資格とか専門知識の勉強には、

学校の勉強的な頭の良さも大切ですが、

 

会社員を辞めたい

自分らしく生きたい

現状を変えたい

 

…というようなことが目的なら

必要なのは、

起業してやっていける頭の良さ

だけです。

 

起業してやっていける頭の良さっていうのは、

つまり、頭のやわらかさです。

 

やわらかさとは、

ものごとをなぁなぁにしない判断力

情報を耳に入れる素直さ

楽しいことや新しいことを考えられる想像力

 

などです。

 

いくら勉強のできる人でも、

現状を見て見ぬふりしたり、

人の話を聞かなかったり、

新しいことに考えの及ばない人では

だんだん衰退していく

…と思いませんか?

 

頭がカタイっていうのはつまり

頭が行動に結びつかない

状態です。

 

ブラック企業に勤めてる人が

思考停止して

現状維持し続ける感じです。

 

頭に入った情報を

自分事として受け止められない。

だから行動に繋がらない。

 

つまりつまり、

起業してやっていける頭の良さっていうのは、

情報を自分事として受け止められる頭です。

 

そういう頭は

意図的につくっていけます。

 

美しいものを見て感動する。

新しいことを知って驚く。

人に感謝する。

人に感謝される。

 

感受性を失わせないということです。

 

「あー、それ知ってる。」

「どうせ、◯◯でしょ。」

みたいな斜に構えた見方をしていると、

頭はどんどん死んでいきますね。

 

頭が良くするためには、

ちゃんと刺激を与えて、

ちゃんと刺激を受け止めることです。

 

あなたの頭は死んでませんか?

 

twitter.com