独立 起業 資格 借金なし 自由
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無理をしない起業のすすめ

起業5年目、個人事業主。嫌われ者のダメ会社員から、人気者の自営業者にジョブチェンジ。無理せず起業のリアル体験談をお届けします。

お金儲けに走りたくない人へアドバイス、教えます。

こんにちは、起業6年目 いづつ京子です。

 

本当に人のためになるとは?

f:id:simple-english-abc:20170113183242j:plain

 

起業初心者が

必ずといっていいほど

通る間違い。

 

安ければ

お客さんは喜ぶだろう

 

どうしても

消費者目線だと

「安いことは良いこと」

だと思います。

 

でも、

事業をする側は

その考えではダメなんです。

 

ここで多くの人が

抵抗を感じるのは、

 

=お金儲けに走る

 

…と、考えてしまうからです。

 

そうではないんです。

これはつまり

安くすることに頭と労力を使うな

ということです。

 

頭のキャパも

労力も無限ではありません。

 

自分の人生をかけて

起業するのです。

頭と労力を使うなら

もっと別のことにかけるべきです。

 

それは、

 

商品の価値

 

です。

 

あなたが事業をするエネルギーは

商品、サービスの価値を

高めることに使うべきなのです。

 

商品の価格と価値について

考える時、

自分の商品が「薬」だと

考えるとわかりやすいです。

 

A.高いけど効く薬

B.安い!でも、実はただの粉。薬じゃない。

 

この場合、

例え安かろうとBの方が

悪徳業者なのはわかりますよね。

 

つまり、

効果がある、価値がある

というのが大前提なのです。

 

値段は二の次なのです。

 

値段に気をとられていると

ここを見失います。

 

まずは、

いかに価値のあるものを

商品、サービスとして扱えるのか

に、いやほど頭を悩ませ、行動してください。

 

価値のある商品が出来上がれば、

あとは

適正価格

をつけるだけです。

 

その「適正価格」にたいして

安い!と思うお客さまも

高い!と思うお客さまも

どちらも存在します。

 

そこで一喜一憂しては

ダメです。

 

あなたの仕事は

価値のあるものを

自信をもってお客さまに提供する

ことです。

 

本質を見失わず、

自信をもって働ける起業家を

目指しませんか。

 

twitter.com