独立 起業 資格 借金なし 自由
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無理をしない起業のすすめ

起業5年目、個人事業主。嫌われ者のダメ会社員から、人気者の自営業者にジョブチェンジ。無理せず起業のリアル体験談をお届けします。

かっこいい起業家になる方法、教えます。

こんにちは、起業6年目 いづつ京子です。

 

起業家に必要な要素とは何でしょう?

f:id:simple-english-abc:20160717003953j:plain

 

私は かっこいいこと だと思います。

 

あなた自身がかっこいい存在でなければ、わざわざあなたから買いたいとか、あなたにお金を払いたいと思われない。

かっこよくない起業家は値段で選ばれたり、いいように利用されたりして終わります。

なので起業を目指す人は、かっこ悪いことやダサいことをしていてはいけません。

 

しかし、起業を目指す人が陥りやすいダサい行為があります。

それは、「お金なんかいらない」 と、言ってしまうことです。

 

「お金よりもやりがいだ。」

「金儲けに走っているやつはダメだ。」

 

こういう発言のほとんどは、自分にお金がない負け惜しみ です。

負け惜しみでお金を貶すのはダサいのでやめましょう。

 

…と、言っても、「いや、自分は本当に仕事が好きなんだ。負け惜しみなんかじゃない!」と思う人が多いと思います。

そういう人はこの質問に答えてみてください。

 

「5億円あげます。」と言われたら、もらいますか?

 

いかがですか?

今、一瞬でも「欲しい。」と思った人は、本当は「お金の必要性」を感じているということです。

 

「お金があれば、事業を立ち上げられる。」

「独立できる。」

 

お金はツールです。

あなたの夢を実現させるツールのひとつ。

「お金なんて」と目を逸らすより、「お金は必要なものだ」と受け入れることが前進への近道なのです。

 

仕事が好きでやりがいを持てることは素晴らしいことです。

でもそれと「お金が必要かどうか」は全く別の話。

やり甲斐とお金を天秤にかけてはいけません。

 

かっこよくなる第一歩は誤魔化さないことです。

皆さんも今日から、誤魔化さない生き方を始めてみてはいかがでしょうか。

 

twitter.com

f:id:simple-english-abc:20161003154749j:plain