独立 起業 資格 借金なし 自由
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無理をしない起業のすすめ

起業5年目、個人事業主。嫌われ者のダメ会社員から、人気者の自営業者にジョブチェンジ。無理せず起業のリアル体験談をお届けします。

詐欺師の良いところ、教えます。

こんにちは、起業6年目 いづつ京子です。

 

詐欺師になる覚悟

f:id:simple-english-abc:20160727002738j:plain

 

先日、海外旅行が好きという女性と知り合ったのですが、

「インドは詐欺師だらけ。」

だと聞きました。

 

彼女曰く、インドでは「騙すことは悪いこと」という概念がないようです。

「騙してお金を得るのはすごいこと」という考えなのだそうです。

インド、恐ろしいですね。

 

でも私、起業してから、「詐欺師ははたして悪なのか?」と思うようになりました。

 

なぜか?

 

(1)詐欺師になるにも覚悟が必要

(2)お客さんも騙されたがっている

 

(1)詐欺師になるにも覚悟が必要

 

まず何より、「詐欺師になるのも大変だ。」てことです。

詐欺師になるとは、「嘘をつく」ことを仕事にするということ。

1回2回の嘘じゃない。

生きていくために一生嘘を言う覚悟がないと詐欺師になれない。

自分が生きていくために「これで稼いでいく」という覚悟。

半端な覚悟では詐欺師といえど稼ぎ続けてはいけないでしょう。

 

 

(2)お客さんも騙されたがっている

 

私が起業して気づいたのは、「バカ正直が必ずしもお客さまのためになるとは限らない」ということ。

お客さまにとってお金を払う時に大切なのは、現実をそのまま突きつけられることよりも 気持ちよくお金を使った と思えること。

 

例えば、全く同じ洋服を定価で買った時に…

 

A「今日入ってきたばかりで定価です。値引きしてません。」

B「今日入ってきたばかりの最新作なんですよー!」

 

どちらのセリフが気持ちよくなるか?

お客さんは気に入った服を買ったので損はしていません。

でも、Aを言われると、自分の判断が間違った気がして嫌な気持ちになる。

Bなら「やっぱり買ってよかった!」とお得な気分になる。

 

人間、お金を使わずに生きていくなんて無理。

なら、お金を払う時は気持ちよく使えるにこしたことはない。

「気持ちよく払える」をつくることも、お金を受けとる事業主には必要なスキル。

 

 

こう考えると、詐欺師からも学ぶ部分がたくさんある。

勿論、詐欺師になることを勧めるわけでも、詐欺行為を肯定するわけでもない。

 

本当に上手な詐欺師は「気持ちよくお金を出させる才能」があるんじゃないだろうか。

お客さまを損した気分にさせる正直者では勿体ない。

詐欺師になってはいけないが、詐欺師の才能について考える価値は十分にある。

 

twitter.com