独立 起業 資格 借金なし 自由
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無理をしない起業のすすめ

起業5年目、個人事業主。嫌われ者のダメ会社員から、人気者の自営業者にジョブチェンジ。無理せず起業のリアル体験談をお届けします。

可もなく不可もない人生は、じわじわと不幸になる理由、教えます。

こんばんは、起業6年目 いづつ京子です。

 

 皆さん、今 幸せですか?

f:id:simple-english-abc:20160728182054j:plain

 

私は起業して人生楽しくなって、今は間違いなく幸せなのですが、

実は、会社員をしている時、自分がそれほど不幸とは思っていませんでした。

 

 

正社員で働いている

肩こりはあるけど、病気ってわけでもない

借金もない

たまには外食したり遊びに行ったりもできる

 

 

めっちゃ幸せとも言わないけど、極度に不幸ってわけでもない。

可もなく不可もなくという生活。

 

そして、「自分は不幸じゃないからまぁ幸せだろう。」と、思っていました。

よく言えば、「足るを知る」「プラス思考」です。

 

でも、今にして思えばこれは「妥協」で「現実逃避」でした。

 

自分が幸せかどうかは、不幸じゃないから…みたいな消去法でなく、もっと真剣に考えて向き合わないといけないことなのです。

 

なぜなら、可もなく不可もない生き方はじわじわと不幸になっていくから。

 

可もなく不可もないのは、「自分は幸せ」と言い切れる自信、「自分の軸」がない状態なのです。

そういう状況では、時間が経てば経つほど「なんとなく不安」になっていきます。

 

自分ももう若くない

お金は使えばなくなっていく

将来の自分はどうなってるかわからない…

 

さらに自分の軸がないので、つい自分と他人を比較してしまいます。

 

自分より稼いでる…

自分より幸せそう…

 

 

こういう状態では、いくら「まぁ幸せだろう。」と言い聞かせても、いつも不安と隣り合わせの生き方になってしまいます。

 

はったりや消去法で幸せだというのは簡単です。

 

「悔いのない生き方をしているか」

「やるべきことから逃げてないか」

「嘘をついて生きていないか」

 

自分は幸せに生きているか。

考えてみてはいかがでしょうか。

 

twitter.com