独立 起業 資格 借金なし 自由
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無理をしない起業のすすめ

起業5年目、個人事業主。嫌われ者のダメ会社員から、人気者の自営業者にジョブチェンジ。無理せず起業のリアル体験談をお届けします。

28歳で起業しといて良かったと感じる理由、教えます。

こんばんは、起業5年目 いづつ京子です。

最近、ひしひしと感じていることがあります。

 

「さっさと起業しといてよかった。」

 

私が起業したのは28歳の時です。

どうなんですかね、起業する年齢としては別に特別早くはないと思います。

会社員辞めたいって思い始めたのが24歳だとか、学生の時もっと真剣に進路考えるべきだったとか思い出すとむしろ遅いくらいかもしれない。

 

話を戻しますが、さっさと起業に踏み切って良かったと感じることが最近多いのです。

というのは、周りにいる起業家の方を見ていると30代後半や40代で起業に踏み切っている人が多いんですね。

なぜその年代で起業する人が多いのかはわかりませんが、とにかく私の周りには多いです。

 

そしてその方達を見ていて感じることは、「会社員経験の長さと起業がスムーズに行くかはほとんど関係ない」ということ。

個人のスキルの差はあれど、「ゼロから始めること」や「自分が看板となって生きていくこと」への戸惑いや悩み、試行錯誤される様子はどんな人でもほとんど変わらない。

 

どうせ(起業するなら)誰もが通る道なら、さっさとなるべく早い段階で済ませておけたのは良いことでした。

私は学生時代に判断をなぁなぁにしてズルズルと誤魔化してきた前科があるので、きちんと決断した28歳の時の私にはほんとに偉い、よくやったと言ってあげたいです。

 

そんな私は今起業5年目で自分の仕事で生きているのですが、一生安泰なんて保証はどこにもないし「この先仕事がなくなっちゃったらどうしよう?」と思ってしまうこともあるわけです。

 

そんな時に思うんです。

「でも、万が一今の事業を閉めることになっても、30代後半で脱サラしたと思ってイチから始めたらいいかな。」と。

 

私は今33歳なので、あと5~6年はドロップアウトしようが「30代後半で脱サラした気持ち」でリスタートできる。

しかも、誰もが通る起業時の葛藤はすでに通過済みだから、むしろ普通の30代後半脱サラ組よりスムーズにスタートできる。

 

そして幸いなことに、今の私は時間と気持ちに余裕をもって過ごしているから本業以外のことに人間関係を作ったり学んだりする事ができている。

 

今の私には「もし、今の仕事がなかったら、本当はこんな事業もしたいな~。」て夢がいっぱいあるのです。

むしろ今の事業が潰れたら「別のこと始めるチャンス!」くらいにしか思わないかもしれない。

 

こんな事は「時間も心も余裕のなかった会社員時代」には絶対思えなかった。

 

つまり、今の私には「どうしようもない不安」というのがないんですよね。

私は起業して時間と気持ちに余裕ができて人生が楽しくなった。

それが結果として人生につきまとう不安まで軽減してくれた。

 

そんなわけで33歳の私は「28歳で起業しといてよかった。」と思う日々なのです。

もしあなたが「自分はいつか”絶対”起業する。」と思っているなら、いつかと言わず早急に行動に移すべきだと思いますよ。

 

 

 

twitter.com