独立 起業 資格 借金なし 自由
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無理をしない起業のすすめ

起業5年目、個人事業主。嫌われ者のダメ会社員から、人気者の自営業者にジョブチェンジ。無理せず起業のリアル体験談をお届けします。

起業するなら借金しない方がいい理由、教えます。

こんばんは、起業5年目 いづつ京子です。

 

今日はちょっとお金の話でもしようかなーと思います。

というのは、さっき「貯金をするためのルール」みたいな記事を読んだので。

 

皆さん、貯金ってしてますか?

 

起業する時、「貯金」があると非常に役立ちます。

開業資金は勿論、起業初期の収入が不安定な時期に生活を支える資金があるのとないのとでは精神的余裕が全然違います。

 

起業時の私の貯金は200万円+株150万円でした。

手取り20万~17万円の会社員で一人暮らししながら貯めたものです。

 

もし、あなたが起業したいと思っているのなら貯金ぐらいはちゃんとしときましょう。

 

「貯金ができなくても、借り入れするという選択肢もある。」

という人もいるかもしれません。つまり借金。

 

確かに、起業のハウツー本の中には開業資金は借金すればいいという主旨のものもあります。

借金してもそれが原動力になってお金を生み出していけば問題ないって事ですね。

 

でも、はっきり言いますけど、今から起業を考えてる人が貯金ないから借金しようなんて愚行ですよ。

 

何故なら、貯金もできない程度のお金リテラシーしかない人が起業しても上手く行くわけないからです。

 

お金を貯めようと思えば、お金をどのように使いどのように回すかというお金に対する感覚が必要になってきます。

 

起業のために貯金をしなさいというのは、単にお金が必要というだけでなく自分のお金に対するリテラシーを育てていくという意味もあるのです。

 

これは起業に限らずですが、人生がうまくいってる人というのはお金とうまく付き合っています。

 

ちゃんと働いているのにお金に余裕がなかったり、妙にケチケチして世界の狭い人っているでしょう。

いい歳して大切なことに気持ちよくお金をさけない人間ってださいですよ。

 

ちょっと話それましたが、お金に対するリテラシーが大事というのはわかって頂けたと思います。

 

次回は、「どうやったらお金リテラシーは磨けるか」という話を書いてみようと思います。

ではでは。

 

関連記事

開業資金の使い道、曝露しときます。 - 無理をしない起業のすすめ 

izutsukyoko.hateblo.jp

twitter.com