独立 起業 資格 借金なし 自由
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無理をしない起業のすすめ

起業5年目、個人事業主。嫌われ者のダメ会社員から、人気者の自営業者にジョブチェンジ。無理せず起業のリアル体験談をお届けします。

成果の出るスピード、教えます。

こんばんは、起業5年目 いづつ京子です。

 

最近ですね、「褒められる」ことがめちゃめちゃ多いんですよ。

 

「知識が豊富で話がわかりやすい。」とか、

「色んなことにチャレンジしていてすごい。」とか。

 

私が本当にすごいかは別にして、人から褒めてもらえるような人間になれたことは純粋に嬉しいですね。

 

会社員時代は褒められることなんて皆無でしたよ。

「頑張ってるね。」て労われることはあったけど…。

 

そして、そういう褒め言葉と共に増えた言葉があります。

それは「元々出来る人はいいね。」

 

これはほっんとーによく言われる。

 

「元々、勉強できたんでしょ?いいね、頭のいい人は。」

「商才があったんだね。いいね、才能だね。」

 

こんな感じ。

 

いやいやいや。昔の私はダメダメ人間でしたよ(-o-;

 

このブログを初めから読んで下さってる方はご存じかと思いますが、

勉強嫌いで本の一冊も読めない、てきとーな会社に就職して迷走して周りに迷惑をかけまくるダメ社員。

 

そんな私が今や人様から褒めてもらえるような人間になっている。

それにはね、ちゃんと理由がありますよ。

 

それは、「過去に行動を起こしている」こと。

 

確かに、今の私だけを見ればすごい出来る人に見えるかもしれない。

 

【2015年の私】

・2つ事業をしている

・セミナーを開催している

・英語が話せる

 

でも、これをさかのぼってみると…

 

【2012年】

・赤字経営の事業とはいえないレベルのワークショップを開催。

【2010年】

・英語が全く話せないのがコンプレックス。やり直し英語学習を始める。

・同窓会にも出られないほどの恥ずかしい現状にショックを受けて起業を決意。

 

今の私が人様に褒められている現状って、過去にこういう「行動を起こしている結果」が「今出てきている」にすぎないんですよね。

 

2010~2012年の当時を思い出してみると、

ワークショップは赤字だったし、英語は「りんごの綴りは…appll..apple?」とか言ってるレベル、起業初月の売り上げは一万円未満。

 

あー、とてもじゃないが褒められたもんじゃない。

当然、周りからも褒められたりしない。

 

でも、ここでスタートをきったことで、じわじわとだけど現状は変化し始めていたのである。

 

その結果が、5年後! じわじわと積み重なった変化が今やっと周りに伝わるような形にまでなったというわけ。

 

長い!

 

このように、ものごとの成果が本当に見えてくるのには何年もかかるものなのでしょう。

 

多くの人がすぐに現状を変えたい、すぐに成功したいって考えるけど、

そんな一日二日の変化でものごとが大変化するわけがない。

 

一日二日の変化は成果というには小さすぎて、恥ずかしいようなものばかり。

 

でも、何もスタートしなければ、そんな小さな小さな変化すら起らない。

ずっとゼロのまま。

 

今の自分=過去の自分+(過去の自分が起こした行動×年数)

 

ですよ。

すごい当たり前のことだけど、多くの人は「今」「現状」ばかり見てしまってこの当たり前に気づいていない。

 

そして、ということはつまり、

 

未来の自分=今の自分+(今の自分が起こした行動×年数)

 

もし今あなたが自分の現状に不満なら、それは「過去の自分のせい」。

そして、もし今あなたがあれこれ理由をつけて行動を先延ばしにしていれば、それは未来のあなたを殺す行為なのです。

 

未来をじわじわと変えていく一歩、あなたも踏み出してみてはいかがですか?