独立 起業 資格 借金なし 自由
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無理をしない起業のすすめ

起業5年目、個人事業主。嫌われ者のダメ会社員から、人気者の自営業者にジョブチェンジ。無理せず起業のリアル体験談をお届けします。

見落としがちな「自分のセールスポイント」の見つけ方、教えます。

こんばんは、起業5年目 いづつ京子です。

 

私は兼業で英会話講師をしてるのですが、ここ数年で英語話せる人って格段に増えたなぁ、と思います。

 

私が大学生の頃、10年くらい前、でも既に

「今どき英語が話せるくらい当たり前。それより第二外国語は何をとるべきか。」

みたいな風潮ありましたからね。

 

つまり「英語だけ」だと弱いから、「英語×スペイン語」「英語×ドイツ語」という感じでレア感を出すということ。

 

これは起業も一緒で、自分の出来ることがひとつだけでは弱い。

 

自分にできる事を二つかけて相乗効果を作ることが、自分を売り込む有効な手段になるのです。

 

「いやいやいや、できる事が2つも3つもあるなら最初から悩んでないよ!」


こう思われる方も多いでしょう。


でも、それって難しく考え過ぎなんですよ。


「セールスポイントが2つも3つもあるのは特別な人だ…」なんて落ち込む人は、


セールスポイント=長所、特技


と考えているのではないでしょうか?


だから、

「特技がふたつ…。じゃあ今勉強中の資格に加えて、もう一つ別の資格も取らないと…。あぁ、起業なんて夢のまた夢だ…。」


なんて思ってしまうんです。


セールスポイントって、別に長所や特技、まして資格である必要なんてないんですよ。


どういうことかと言うと、例えば、私は英会話講師をしていますが、元々は英語は苦手科目でした。


全く英語が出来ないまま大人になってしまって、コンプレックスを克服する為に28歳から「やり直し学習」を始めたのです。


そんな私のセールスポイントは

「英語が苦手科目だった人の気持ちがわかる」

です。


英語が元々好きだ得意だという先生の中には、「英語が苦手で嫌い」という生徒さんの気持ちがよくわかっていない人もいます。


「英語は楽しいですよ!楽しんで身につけましょう!」と言われても、「英語が苦手で嫌い」な人にとっては的外れなアドバイスなわけです。


私は「英語が好きになれない」生徒さんが「何故好きになれないか」という原因、そして好きになれない苦しさが痛いほどわかるのです。そして、そのフォローが出来る。


これってすごい「強み」ではないでしょうか?


「英語が苦手だった」て、特技でも長所でもないですよね。


「面倒臭がりだから、楽をしたい人の気持ちがわかる」

「体が弱いから、無理を出来ない人の気持ちがわかる」


「面倒臭がり」「体力がない」

一見マイナスポイントであるこういう事も、見方を変えればセールスポイントになるのです。


今自分に出来ることを活かすというのは、こういった目線で自分を見直すことでもあるのです。