独立 起業 資格 借金なし 自由
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無理をしない起業のすすめ

起業5年目、個人事業主。嫌われ者のダメ会社員から、人気者の自営業者にジョブチェンジ。無理せず起業のリアル体験談をお届けします。

「無理をしない」と「楽をする」の違い、教えます。

こんにちは、起業5年目 いづつ京子です。

 

最近はセミナー準備で楽しい反面、ちょっとバタバタです。

 

「バタバタ」なんて書くと「"無理をしない"んじゃないの?」とつっこまれるかな?と思いつつ。

 

でも、「無理をしない」と「楽をする」のは全く別ものですからね。

 

このブログは開設した当初、「コネなし、資格なし、お金なしで起業しました」というブログ名でした。

 

しかし、何を書こうか試行錯誤する中で、

これじゃあ、「努力しなくても、楽して起業、お金儲けできる」みたいで、何か私の書きたいことと違うな、と気づいたのです。

 

成功している人は、皆さん「努力」しています。

なりたい自分になるには、「努力は必要」です。

 

でも、この言葉で傷つく方もいるはずです。

頑張っているのに上手くいっていない人からすれば、

 

「私が努力してないっていうんですか?頑張ってるのに上手くいかなくて辛い思いをしているのに!」

 

と、思うでしょう。

分かります。私もそうやって傷ついていました。

 

ニートしてるわけじゃなし、毎日きちんと仕事をして、自分でお金を稼いで生きている。

このままじゃいけないと思っている、もっと良い自分になりたいと思ってる。

でも、資格の勉強してみても、職場で頑張ってみても、この先好転する未来が思い浮かべられない。

 

努力が報われない辛さを知っているからこそ、努力に対して懐疑的になってしまう。

 

だから「楽して儲かる」なんて眉唾な話にふらふらっとしてしまう。

 

でも、これって、問題の本質を見誤っているんです。

 

努力が報われない。それは、努力の仕方が間違っているからです。

 

「あなたの努力が足りない」とか「あなたが怠けている」からではない。

 

あなたがせっかく頑張っていても、やり方が間違っていれば成果が出ないのは当然のことです。

 

大切なことは、どうせ努力は報われないとか自分が努力不足だと悩む事よりも、間違った努力の仕方を正しい努力の仕方に修正することなのです。

 

「無理をしない」とは、自分の努力が報われるように努力することです。

 

努力した結果、自分の夢が叶ったら、「努力ってすばらしい!」と思える日が来るのではないでしょうか。