独立 起業 資格 借金なし 自由
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無理をしない起業のすすめ

起業5年目、個人事業主。嫌われ者のダメ会社員から、人気者の自営業者にジョブチェンジ。無理せず起業のリアル体験談をお届けします。

私が人付き合い出来るようになった理由、教えます。

こんばんは、起業5年目 いづつ京子です。

今日は来月開催するセミナーの打ち合わせで大阪に行ってました。

帰りの京阪電車の中で書いています。



私は京都で店をしてるのですが、今年の初めから大阪にもちょっと進出しだしました。


なんでわざわざ大阪に出るかというと、やはり


「場所が変われば、出会う人も変わる。」


からですね。

出会いってそうそう増えるもんじゃないし、1~2年もすれば良くも悪くも慣れてきちゃいます。


でも、場所が変わると「うわー、世の中にはまだこんなに人がいたんだなぁー。」て新鮮な気持ちになります。


こんなこと書くと「アクティブだなー」とか「社交的なんだな」と思ってもらえるかも知れませんが、

会社員時代は人付き合いって嫌いでしたよ。


会社の人と仲良くしようなんて気はさらさらなかったし、会社の飲み会や昼休みの皆でランチをどうやって断るかばっかり考えてました。


思うに、会社員時代の私にとって人付き合いって「余分な仕事」だったんですよね。


仲良くしてようがしてまいが、目の前の仕事をこなすのが仕事だし、仲良くしたからって仕事内容が大きく変わることってなかった。


でも、今は違いますね。
新しい出会いがあれば、新しい仕事のチャンスかもしれない。

さらに、どの人と付き合いを続けるか、続けないか、も自分で判断するわけですから、自ずと相手のことを真剣に見るようになります。


私は人付き合いが苦手だから、「一人で仕事する方がいい!」、と思って起業したのに、

そのお陰で人付き合いが苦手でなくなったというのは、なんとも面白い話ですよね。


「私は人付き合いが苦手だー」、と思っている方は、本当に苦手なのか、それとも損得勘定で避けているだけなのか、今一度考えてみてはいかがでしょう?