独立 起業 資格 借金なし 自由
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無理をしない起業のすすめ

起業5年目、個人事業主。嫌われ者のダメ会社員から、人気者の自営業者にジョブチェンジ。無理せず起業のリアル体験談をお届けします。

起業しても大切にしないといけないこと、教えます。

おはようございます、起業5年目 いづつ京子です。

 

ブログを始めた当初、他の起業家さんのブログとか気になってよく読んでいたのですが、

 

「こういう書き方嫌だなぁ。」

 

と思うものがよくありました。

 

それは、起業家>会社員

 

「会社員なんか辞めて、起業しよう!」という論調。

 

他をけなすことで自分の主張を正当化しようとするのが不健全だ、という話は以前の記事でも書きましたが、それ以外にも私がこの論調に違和感を覚える理由があります。

 

会社員をけなしている人に言いたい。

 

「あなたは会社員のお世話になって生きてるんじゃないんですか?」

 

例え自分は企業に属さず、自分の力で仕事してたとしても、

 

あなたが使ってるそのパソコン、何故買えたの?

あなたが使ってるネットサービス、何故使えてるの?

あなたがご飯を買ってるスーパーやコンビニ、買い物出来るのは何故?

 

私たちは日々生活する中で、沢山の企業のサービス、商品を使っているはずです。

それは、その企業で働いている方がいるからです。

 

会社員の方が働いて提供してくれているサービス、商品を受けながら、「会社員なんか」と言ってしまうことに違和感を感じるのです。

 

「客として利用することと、その職業を尊敬することは別じゃないか。」

 

と言う方もいるでしょうが、それって、

 

レストランで食事した時、お店の方に「ごちそうさまでした。」と言えるかどうか、

 

というレベルの「倫理観」の問題だと思うのです。

 

こちらは客として利用してるんだから、従業員に敬意を払う必要はない?

それは、違うんじゃないかなぁ。

 

私は自分がコンビニ行ったら店員さんに「ありがとうございます。」て言いたいし、バス乗って降りる時も「ありがとうございます。」と言いたい。

 

「自分は起業して幸せ!」

そういう話は多いに結構。

 

でも、他人をけなすのは「余計なお世話」ですよね。

 

 

 

危険な言葉「会社員なんかやめて、起業で自由を手に入れよう!」

http://izutsukyoko.hateblo.jp/entry/2015/08/29/153306