独立 起業 資格 借金なし 自由
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無理をしない起業のすすめ

起業5年目、個人事業主。嫌われ者のダメ会社員から、人気者の自営業者にジョブチェンジ。無理せず起業のリアル体験談をお届けします。

滅多に怒らず、心穏やかに生活する方法、教えます。

こんにちは、いづつ京子です。

 

今日は朝から取引先の業者さんとケンカしてしまいした。

 

(´Д`)

 

私は起業してから「心穏やかに生きること」をモットーに生きているので、怒る事って滅多にないんですよね。

 

なんか、久しぶりに人に対して声を荒げてしまって、

 

「は!今私、怒ってるやん(°Д° )」

 

と、自分でびっくりしてしまいました。

 

私が「怒るのをやめた」ことには理由があります。

 

それは「怒ってもあんまり意味ない。」と気づいたから。

 

怒りに任せて怒鳴ったり、相手を責めたりしても、根本的な解決にはならないことがほとんどなんですよね。

 

怒鳴ったり、責めたりしたら怒りが収まる気がするけど、それが間違い。

結局、むかっ!とした時怒りから生じるストレスって、「問題が解決する」ことでしか本当にはスッキリしないものなんです。

 

「あなたがいい加減なことしたから、私がこんな迷惑被って怒ってるんだよ!」と意思表示をすることも必要とは思うのですが、

 

いつまでも相手を責めたり怒鳴ったりしたところで、問題が解決するかっていうとそうじゃない。

 

それよりも、怒ってるよ!て意思表示をしたら、サッと切り替えて、解決策を探す方がよっぽど有益な動き方なんですよね

 

だから今朝の私も、初めは思わず声を荒げてしまいましたが、

 

「あー、だめだめ、怒鳴ったとこで問題は何も解決しないから。」

 

と、一呼吸置いて

 

「まぁ、もう済んだことはしょうがないです。それより、現状からどうリカバリーするか考えましょう。そちらも協力して下さいますよね?」

 

という風に話を持っていきました。

 

これ恐らく、私が怒鳴り続けたところで、「申し訳ございません。」「はい、おっしゃる通りです、はい。」という相手の謝罪くらいしか得るものってないと思うんですよ。

 

でも、話を切り替えたので、「もちろんです、今すぐそちらに伺います!」と言ってもらえました。

今すぐ来られても困るんで「明日にして。」って言ったけど。

 

つまり、怒ってる時間なんて短いに越したことはないんですよ。

怒ってる時の自分なんて皆そんな好きじゃないと思うし。

 

更に言えば、必ずしも怒鳴ったり責めたりする必要もないんですよね。

「ひえ~困るよ~まいったなぁ~」みたいに、柔らかく自分が迷惑受けてることを伝える方法もある。

 

もちろん、これは困ったことの度合いにも寄りますけどね。

今回の私は思わず怒鳴ってしまいましたし。

 

心穏やかに生きるためには、「怒るのってあんま意味ない」と知ることが大切だと思います。