独立 起業 資格 借金なし 自由
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無理をしない起業のすすめ

起業5年目、個人事業主。嫌われ者のダメ会社員から、人気者の自営業者にジョブチェンジ。無理せず起業のリアル体験談をお届けします。

起業5年目、私の労働時間、教えます。

こんにちは、起業5年目 いづつ京子です。

 

起業といえば、皆さんが気になるもののひとつに「労働時間」があると思います。

 

というわけで、今回は私の労働時間をそのまんま書いてみようかな、と思います。

 

【この一週間の労働時間】

10/24(土) 10:00~16:00 

10/25(日) 休み

10/26(月) 休み

10/27(火) 12:30~15:30、19:00~20:30

10/28(水) 16:00~17:00

10/29(木) 12:45~13:45、16:30~17:30

10/30(金)  11:00~12:15、15:00~16:30

 

こんな感じです。

 

それと、これ以外に「カウントするのが難しい仕事してる時間」もありますね。

 

例えば、事務仕事(メール対応、資料作り…)は空き時間の5~30分くらいですることがほとんどなので、上記の時間に含まれてる場合もあるし、家に帰ってから空き時間でやったという場合もある。

つまり、わざわざスケジュールを割いてしているわけではないので「覚えてない」んですよね。皆さんも毎日のメールチェックに何分かかったかとか覚えてないですよね?

 

あと、私はコーヒーが好きでよく喫茶店に行くのですが、コーヒー飲んでぼんやりしてる時もあれば、仕事関係の本や資料を読んだりしてることもあります。

喫茶店で仕事の本を読む。

はたしてこれは労働時間かプライベートか…、うーん?

 

まぁ、いずれにしても一日の労働時間は3~5時間くらいのようですね。

 

会社員時代の私が「一日の労働時間3~5時間」と聞いたら、

 

「いいなぁ~(><)うらやましい!」

 

と、言ってたと思います。

 

そして、今の私はこの「いいなぁ。」という言葉に違和感を感じます。

何故なら、この「いいなぁ。」は、

「だって仕事ってしんどい。辛い。できれば行きたくない(T T)」

という気持ちから出ている言葉だからです。

 

でも、今の私は決して「仕事が嫌」だから労働時間を短くしているわけではありません。

 

むしろ、私は仕事が好きです。

それは、起業したからとかじゃなく、元々好きでした。

 

就活をしている時も「早く社会に出てバリバリ働いてお金稼ぎたい。」と思っていました。

 

でも、いざ会社員になると、仕事が嫌いになっていた。

それは何故か?

 

それは、時間や業務内容の拘束、不自由さから、体力的にも精神的にも余裕がなくなっていたから

 

「仕事そのものが嫌い」という人は、本当はそんなに多くないと思います。

なぜなら、多くの人にとって「仕事」とは「夢」であったはずだからです。

夢というポジティブなものだったはずが、いつの間にか嫌いになっていた。

それは、体力や精神を削り取られるような労働環境がそうさせてしまったのです。

 

だから私は、仕事が好きだから、こういう働き方をしています。

仕事を嫌いになってしまわないように働く。

これも、起業家にとって大切なことだと思っています。