独立 起業 資格 借金なし 自由
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無理をしない起業のすすめ

起業5年目、個人事業主。嫌われ者のダメ会社員から、人気者の自営業者にジョブチェンジ。無理せず起業のリアル体験談をお届けします。

嫌な自分を変える方法、教えます。

こんにちは、起業5年目 いづつ京子です。

 

最近、本業で今までとは違う形で仕事をしていこうと思い、仕事内容の見直し、ホームページのリニューアルを始めました。

 

今のままでも仕事として十分成り立っているんですが、やはり5年間続けていると自分の考えもどんどん変化していくので、一旦立ち止まっても改革するのが自然かなと思いました。

 

でも、これも「起業して気づいたこと」のひとつですね。

人間はどんどん変化していくものだ、と。

 

自分が大学生や社会人になった頃って、自分はもう大人になった気がしてたし、人生でこの先自分が大きく変わることってないんじゃないかなぁ、と思っていた気がします。

 

これって、出来ない自分が傷つかないように無意識に予防線を張っていたのかも、と思いますね。

 

「私ってこういう人間だから~」と決めてしまえば、変わらなくていい。

 

嫌な現実も「しょうがない」で目を逸らせる。

努力できないけど、自分はそういう人間だししょうがない。

周りのすごい人を羨ましいと思いつつ、私はあの人とは違うからしょうがない。

 

変わりたいけど変われないという人は、「変わりたくない」と思ってるから変われないんじゃないか。

 

何故なら、変わるということには「しんどそうなこと」が伴ってくるから。

「今の自分がダメなこと」を認めないといけなくなったり、今持っているものを手放したり、壁にぶつかって四苦八苦したり。

 

でも、「しょうがない」で目を逸らして、「変わること」から逃げていても、その内ごまかしが効かなくなってしまうと思う。

 

「今の現状を抜け出したい」と思っている方は、目を逸らし続け「もう今更どうしようもない」になってしまう前に、「変わる」ことを受け入れてみてはいかがでしょうか。