独立 起業 資格 借金なし 自由
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無理をしない起業のすすめ

起業5年目、個人事業主。嫌われ者のダメ会社員から、人気者の自営業者にジョブチェンジ。無理せず起業のリアル体験談をお届けします。

大失敗をした起業家が成功に転身した話、教えます。

こんにちは、起業5年目個人事業主 いづつ京子です。

 

今日は朝から起業友達の方とお茶してきました。

 

起業友達と言っても、仲良く一緒に起業したわけではなく、

起業してから「起業した者同士」として知り合った友人です。

 

起業しなければ出会うこともなかったと思うと感慨深いですね。

 

さて、その友人とお茶をしながら「起業した当初」の話をしていたのですが、2人の一致した意見は、

 

「誰でも最初は失敗してるよね。」

 

て、話でした。

 

「失敗」、て嫌なワードですよね。

起業を考えている皆さんも「失敗」が一番怖いのではないでしょうか?

 

失敗しないように念入りに準備をするし、こうしてブログなどで情報収集されてるのだと思います。

 

しかし!

実際は多くの起業家が失敗を経験しちゃってるんですね。

 

今日会った彼女の場合は、起業した最初の月の成約率が…なんと0% だったというのです。

 

お客さんがゼロだったわけではなく、問い合わせはたくさんあったそうです。

ところが、そこから実際にお金を払って彼女のサービスを受けたいと言う人がゼロ人だったのです。

 

これは、とんでもない大失敗ですよね。

彼女は前職も辞めて起業していたので、収入はゼロ。

それどころか、このままでは来月からもゼロだろう…と。

 

そこで彼女はどうしたか?

 

彼女は考えました。

問い合わせはあるので、広報の仕方は間違っていない。

事業内容も興味を持ってもらえるものだった。

ところが、いざ対面すると成約には至らなかった…。

 

そして、彼女は思います。

事業内容は需要がある。しかし、自分の作った仕事の形が間違っていたんだ!」と。

 

そこから彼女は一旦広報をストップし、仕事の仕組みそのものを見直し、新たに組み立て直すために動きだしました。

 

自分に足りなかったスキルにも気がつき、スクールに通ったそうです。

 

それから3ヶ月後。彼女は満を持して新しい形態で事業を再スタートさせました。

 

彼女は現在、その事業一本で人が雇えるくらい売り上げるまでになっています。

 

その彼女の言葉がこちら。

 

「あの時のとんでもない失敗を経験しなかったら、今の仕事の形を模索することもなかった。

あの時、失敗に気づいてリカバリーしたから今の私があるんだよね。」

 

どうでしょう。

皆さんはこの彼女の言葉から何を感じたでしょうか。

 

失敗を回避するための行動よりも、もっと必要なものが起業家にはあるということでしょう。