独立 起業 資格 借金なし 自由
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無理をしない起業のすすめ

起業5年目、個人事業主。嫌われ者のダメ会社員から、人気者の自営業者にジョブチェンジ。無理せず起業のリアル体験談をお届けします。

「口コミ」されやすくなる方法、教えます。

事業をする上で「口コミ」が大切なことは言うまでもありません。

では、どうすれば「口コミ」を得られる起業が出来るのでしょうか?

 

ずばり答えを言うと、「夢を持って起業する」ことです。

 

こんな事を書くと「うわー、精神論とかそういうのか~」と、拒絶反応を起こす方もいるでしょう。気持ちはわかります。「夢」でやっていけるほど「起業は甘くない」ですからね。

 

そしてこう思ったのではないでしょうか。

「夢なんかよりも、きちんと良い仕事をすること、良心的な値段、こういった事の方が堅実な口コミの生み方なのでは?」

 

残念ながら、それの方が「甘い考え」です。

「良い仕事をしていれば口コミしてもらえる」ほど起業は甘くありません。

大体「良い仕事」をしているなんてお客様からお金をもらっているんだから当たり前のことです。

更に重要なことは、お客さんには良いサービスを受けたからと言って「あなたのことを宣伝しないといけない義務」などないということです。

 

では、義務でもないのに何故人は口コミをするのでしょうか?

それは、口コミとはお客さんにとっては「宣伝」ではなく、単なる「話題」だからです。

つまり、「人の知らない新しい情報を知ってることを自慢したい」とか「おしゃべりのネタにしたい」という、人と話す時の話題のひとつだということです。

 

ですから、口コミをされるためには「話題性」が必要なのです。

例えば、同じような味と値段のラーメン屋さんがあったとして、「脱サラしまして、ラーメン屋は儲かると聞いたので始めました。」と言うお店と、「中国で食べた本場の味が忘れられずに、どうしてもあの味を日本でも!と思って始めました。」と言うお店。どちらが話題に上げやすいかは、言うまでもありませんよね。

 

夢というと大げさな感じがするかもしれませんが、要は「エピソード」があることが重要なのです。

 

「儲かる」という理由もひとつの正当な起業の理由ですから否定はしません。

しかし、口コミを得やすくするという点においては、夢を持って起業する方が有利だということです。