独立 起業 資格 借金なし 自由
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無理をしない起業のすすめ

起業5年目、個人事業主。嫌われ者のダメ会社員から、人気者の自営業者にジョブチェンジ。無理せず起業のリアル体験談をお届けします。

起業するのに「商才」はいりません。それよりも必要なもの、教えます。

起業相談に来られる方にも色々いらっしゃいますが、「この言葉だけは遣ってほしくない!」という言葉があります。

 

それは、「商才があるんですね。」

 

集客の話とか収支の話などをしている時に、「ああ、いづつさんは商才があるんですね。」と言われることが多々あります。

 

あなたも起業家の方と会ったり、インタビュー記事を読んだりした時に「この人は商才があるんだなぁ。」と思ったことはありませんか。

 

「商才があっていいなぁ。」と思うことは起業を目指す人にとって弊害でしかありません。

「商才がないと起業できない」と思い込んでしまうからです。

 

はっきり言いますが、起業するのに商才なんか必要ありません。

商才がなくても「常識的な金銭感覚」があれば起業はできます。

「売上-(経費・税金)」をプラスにしないといけない、とかいうその程度の常識的な感覚です。

 

起業において「商才」は「あったら良いな」程度のものです。

商才があれば何百万、何千万単位の取引が出来て人も雇ってと出来るかもしれません。

商才がなかったらなかったで何十万単位の売上でぼちぼちやっていける。

それだけのことなのです。

 

それよりも、起業するにはもっと大切なものがあります。

それは「個々それぞれの才能」です。

 

起業と一言で言っても業種は多様です。

物を売っている人もいれば、サービスを売っている人もいます。

商品を外注する人もいれば、自ら製造に励む人もいるでしょう。

 

起業に必要な「才能」とはこういうものです。

物を作る才能とか、サービスを考える才能とか、そういった個人個人の異なる才能です。

 

起業してやっていけてる人は商才があるからやっていけてるのではありません。

 

それはその人が「自分の能力でお金を稼いで生きていこう!」と「決断」して「行動」した結果なのです。

 

「自分には商才ない…」などと嘆いたところで起業には近づきません。

そんな暇があるならば、自分の才能を見つける努力、行動に移す努力をしてみましょう。