独立 起業 資格 借金なし 自由
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無理をしない起業のすすめ

起業5年目、個人事業主。嫌われ者のダメ会社員から、人気者の自営業者にジョブチェンジ。無理せず起業のリアル体験談をお届けします。

危険な言葉「会社員なんかやめて、起業で自由を手に入れよう!」

起業を目指す方が陥りやすい症状に「会社員否定症候群」があります。

「会社員なんかダメ!会社員は社畜!」と、会社勤め全体を否定する考えです。

多くの起業をすすめるサイトやメルマガも「会社員なんかさっさとやめて起業しよう!」と煽っています。

しかし、これは危険な思考です。

私は起業を勧めていますし、起業は楽しいと思います。

しかし、「他人(会社員)を下げて、自分(起業)を肯定する」という思考は不健全です。

会社員でも自分の適性を活かしキラキラ輝いて生きている方はたくさんいます。

それでも、「会社員には愚痴ばっかのダメ会社員が多い気がする。起業家の方が輝いてる人が多い!」と思う方もいるでしょう。

でも、それは世の中の働いてる人の数で会社員が圧倒的に多いからです。

対数が多いのでダメな人を見る機会も多いのです。

さらに言えば、起業家に輝いてる人が多い気がするのは、人前に出るような起業家は成功している人だからです。

失敗したダメ起業家は人目に触れることなく消えていっているだけです。

私は起業をおすすめしていますが、皆さんには「起業が良くて、会社員がダメ。」という極端な思考には走ってほしくありません。

極端な思考というのは「わかりやすい」ので人目を引きますが、裏を返せば「単純」な考え方なのです。

物事はそんなに単純ではなく、色んな条件や状況が複雑に絡んでバランスをとっています。

あなたの夢や目標、そして今のスキル…それらを活かすために自分に最適な道は何なのか。

そういった広い視野を持つことが起業には必要です。

極端な思考に陥って「起業すれば上手くいく」と錯覚してしまわないよう、胸に留めて頂ければと思います。