独立 起業 資格 借金なし 自由
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無理をしない起業のすすめ

起業5年目、個人事業主。嫌われ者のダメ会社員から、人気者の自営業者にジョブチェンジ。無理せず起業のリアル体験談をお届けします。

起業できない人たちに共通する「得意技」

起業相談をしていると「この人、起業出来なさそうだなぁ。」という方にもお会いします。

何故わかるかというと、皆さん共通した「得意技」をお持ちだからです。

 

その得意技とは「出来ない理由を述べる能力」です。

 

「この業種はすでに飽和状態で新しいお客さんがいないから出来ない」

「資格のいる仕事だからできない」

「ボランティアでやっている人がいるから、お金をとるのは無理」

 

などなど。これがまたやたらと自信満々におっしゃるんですね。

「こういう理由があるから出来ないんだよ!そんな事も知らないの!」という事なのでしょう。

 

けれど、こういう方を見ているといつも不思議に思います。

「え?起業したいから来たんじゃないの?起業したくないの?(^^;」

 

誰かに「起業しなさい!」と命令されたわけでなし、出来ない理由を声高に述べられたところで「そうですかー、それは残念ですね。じゃあ会社員続けた方がいいですねー。」となるだけです。

 

本当に起業したいのであれは「これは出来ない。」で終わらせず、「では、何なら出来るか?」という部分まで思考を進めなければなりません。

 

例えば「飽和状態でお客がいない」業種であっても「付加サービス」をつけるなどして差別化することは出来ます。むしろ飽和状態になっているような業界では業務内容が似たりよったりになっていて、それに不満を感じている顧客が必ずいるものです。

 

同様に「ボランティアがいるから…」という業種でも「お金を払ってでもワンランク上のサービスを受けたい」「こんなサービスがあれば、有料でも受けてみたい」…など、隠れた需要というものは必ずあるはずです。

 

勿論、こういった「隠れた需要」は簡単に見つかるとは限りません。けれど「出来ない」で思考を止めていると、見つける機会すら失ってしまいます。

 

アンテナが張られていなければ、ヒントや気づきも見落としてしまいます。大切なことは、どんな事にでも「隠れた需要」が必ずあるということを知り、意識のアンテナをオンにしておくことなのです。