独立 起業 資格 借金なし 自由
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無理をしない起業のすすめ

起業5年目、個人事業主。嫌われ者のダメ会社員から、人気者の自営業者にジョブチェンジ。無理せず起業のリアル体験談をお届けします。

たかが家計簿ごときがつけられないのは、こんな人です。

以前の記事で「簡単な家計簿の始め方」を紹介しました。

 

無理をしない「家計簿」のつけ方 - 無理をしない起業のすすめ http://izutsukyoko.hateblo.jp/entry/2015/08/11/235903

 

この家計簿のつけ方は「無理なく続けるために必要最低限まで手順を削った」つけ方です。

 

ところが、それでも「つけられない」という人がいます。

その人たちの言い分はこんなところでしょう。

 

「簡単っていうけど、レシートを全てもらうって時点で面倒くさい。」

「日付順に書くだけっていうけど、その書くこと自体が面倒なんじゃん。」

 

実際こう言う人は何人も見てきたのですが、おかしなこと言いますよね。

 

レシートをもらうということは、取引先から伝票を受けとるということです。

取引先からの伝票を面倒くさいからと受けとらないでしょうか?

 

同じように書くのが面倒だからと言っていたら、書類どころかメモすら面倒で書けないことになります。

 

皆さんがどんなお仕事をされているかは知りませんが、伝票も書類もメモすら介在しない仕事なんてないでしょう。

家計簿をつけるのに必要なことは、ほとんどの方が日々こなしていることなのです。

 

「いやいやいや、それは仕事だから!」

 

そう、それです。

たかが家計簿ひとつ つけられない理由は、その考えです。

 

「仕事だから出来るだけ。」という言葉が出てくるのは、

「家計簿はプライベートにしている自由行動」だという考えがあるという証拠です。

 

個人事業主にとっての家計簿は「帳簿をつける」という立派な「仕事」です。

 

個人事業主ということはあなたは社長であり、従業員であり、事務員さんでもあります。それを踏まえて、次の会話を読んでみてください。

 

社長「会社の帳簿に必要だから、取引先から伝票受けとったら事務員さんに渡してね。」

従業員「はい、わかりました。」

従業員「事務員さん、これお願いします。」

事務員「はい、確かに。ありがとうございます。」

 

どうでしょう?家計簿をつけるということは「あなた」という企業の中で、このようなやり取りがなされていると言うことです。

 

家計簿をプライベートの用事と思っている内は、めんどくさいという気持ちにあっさり負けてしまいます。

めんどくさい気持ちに負けそうになったら、上記の会話を思い出して、

「伝票忘れたら事務員さん困っちゃうし、社長にも怒られる!」という風に心の中でつぶやいてみてください。

きっと「仕事だから出来る」はずですよ。