独立 起業 資格 借金なし 自由
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無理をしない起業のすすめ

起業5年目、個人事業主。嫌われ者のダメ会社員から、人気者の自営業者にジョブチェンジ。無理せず起業のリアル体験談をお届けします。

確実なリピーターさんの作り方

事業を続ける上で「リピーター」さんを作れるかどうかはとても大切です。

 

経営に関する本には「リピーターの増やし方」を書いたものが沢山あります。

 

「カウンセリング、ヒアリングをしっかり行う。」

「お礼の手紙を書く。」

「お客様の好みや趣味を覚えておく。」

 

などなど。業種によって異なるでしょうがこんな内容が多いです。

私も色々試してみましたが、「確かに大切だなぁ」と思うこともある一方「あんまり意味ない」と思うことの方がぶっちゃけ多いです。

 

それもそのはずです。リピーターさんを作るのに本当に必要なことは、そんな「小手先のテクニック」ではないからです。

 

では、リピーターさんを作るのに本当に必要なこととは何か?

答えは至ってシンプルです。

それは「あなたが魅力的かどうか」という一点だけです。

 

サービスだとかアフターケアとか店の設備だ綺麗さだといったものは、あくまでも「あなたが魅力的である」ということが大前提のプラスαでしかありません。

 

皆さんも経験がないでしょうか?

初めて行ったお店から後日ハガキが届いたけど、「先日はご来店頂き…その後いかがでしょうか…」といったテンプレ内容で、「そもそもどんな店員さんだったかも覚えてないな。」みたいな事が。

 

反対に言えば、あなたが魅力的でお客さんの印象に残っていれば「あの人にまた会いたい」「そういえば、あの人どうしているかな?」と、お客さんの方から思い出してくれるのです。

 

この魅力的というのは、何も色っぽいとか美人とかいう意味ではありません。

魅力というのは人それぞれです。明るければいいのか?物静かなのがいいのか?

そんなものは一概には言えません。

しかし「事業主」の魅力と言うならば、答えはひとつです。「仕事に打ち込む姿勢」に他なりません。

 

「本当にこの仕事が好きなんだな。」「こだわりを持っているんだな。」と、お客さんに感じさせる。それこそが業種関係ない絶対的な魅力というものであり、仕事への誇りや前向きな姿勢がないと出せないものなのです。

 

起業初めは誰しも不安で「小手先のテクニック」をしないといけない気持ちになります。

しかし、忘れてはいけないのは「あなた」という「核」がしっかりしていなければ、そんなものは意味が無いということです。

 

「小手先のテクニック」を勉強するするよりも、自分の仕事に真剣に向き合う。 これこそが、リピーターさんを作るために本当に必要なことなのです。