独立 起業 資格 借金なし 自由
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無理をしない起業のすすめ

起業5年目、個人事業主。嫌われ者のダメ会社員から、人気者の自営業者にジョブチェンジ。無理せず起業のリアル体験談をお届けします。

起業しても失敗する人は、ずばりこんな人。

これまで成功した起業者さんの話を何度か書きましたが、勿論、起業した中には「失敗」した人もいます。

 

起業したのに事業がたち行かなくなった、廃業しちゃったという人です。

そういう人たちは何故失敗してしまったのでしょうか?

 

原因はいろいろありますが、よくあるパターンとして「自分を律することが出来なかった」というものがあります。

 

個人事業主というのは働き方を自分で決められます。しっかり働こうと、ちょっとだけ働こうと自由。ルーズなことをしても怒ってくれる上司も、文句を言う部下もいません。

 

故に、自律心がないと「さぼる」という楽な方に流されてしまうのです。

初めは「店のオープン遅れたけど…10分くらいまぁいいか。」から始まり「気分が乗らないから今日は休んじゃってもいいかな。」「来月から頑張る」と自分を甘やかしていきます。

 

そうこうしている内に、自分のモチベーションは下がり、信用を失い、仕事は減り…となり、あえなく廃業というお粗末な結果になるわけです。

 

自由であるからこそ、成功する起業には「自律心」が不可欠です。

 

では、自律心はどうすれば身につくのでしょうか?

 

この答えは、前述の失敗起業者さんたちが端から見れば「ダメダメじゃん!」という悪習を何故止められなかったのかを考えればわかります。

 

それは「誰にも迷惑かけてないから」です。

あなたにもそんな習慣はありませんか?

 

例えば、「ストレス発散にスイーツをドカ食いしちゃった…」

「今日は勉強するぞって思ってたけど、うっかりスマホで遊んじゃった…」

 

どうでしょう。これらは端から見ると明らかに「ダメダメ」ですが、自分のこととなると「誰にも迷惑かけてないし…」と、なかなか止められないものです。

 

でも、ここでよく考えて下さい。

「誰にも迷惑かけない」ということは、

 

誰も注意してくれない=「止められるのは自分だけ」

 

ということです。

 

もしも「誰にも迷惑かけてないし…」と自分を甘やかしそうになったら、

「誰にも迷惑かけないからこそ、止められるのは自分だけだ!」と考えるようにするのです。

 

この考え方を持つだけで楽な方に流される自分にブレーキをかけることが出来ます。

自律心というものは、こういう些細な気の持ちようから身についていくものです。

起業して成功するためのメンタルを、今日から育ててみてはいかがでしょうか。