独立 起業 資格 借金なし 自由
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無理をしない起業のすすめ

起業5年目、個人事業主。嫌われ者のダメ会社員から、人気者の自営業者にジョブチェンジ。無理せず起業のリアル体験談をお届けします。

起業と産休・育休

私は「女性こそ起業すべき」と思っています。

なぜなら、産休・育休期間に縛られなくて済むからです。

子どもが出来たら仕事をどうするかは、多くの女性が考えたことのある悩みだと思います。

私が会社員時代働いていた会社にも産休・育休はあり、
働くお母さんも沢山いらっしゃいました。

しかし、小さい子どもさんのいるお母さんが働くというのは、
「産休・育休が取れる」から出来る、と言うほど簡単なものではありません。

お子さんの急な発熱や病気で休まざるをえないこともあります。
保育園の空きがなく育休期間を延長したなんて例もありました。

「それでも、職場復帰できるだけ有り難い。」のでしょうか。

そうでしょうか。そんなにして働く環境が本当に良いのでしょうか。


私は、「子どもさんが小さい内はしっかり休んでしまえばいいのに。」と思います。

子どもの不測の事態に親がさっと動けるというのは、とても重要なことじゃないですか。


起業していれば、産休・育休期間を決めるのは自分です。
お子さんの小さい内は無理のない範囲で再開することも可能でしょう。

そんな都合の良いことが出来るのか?と訝かしく感じる方もいるでしょうが、

起業して「ゼロから自分で始める」という経験や「自分の時間は自分で作る」という考えが出来ていれば、難しいことではありません。

妊娠出産は女性にしかできませんから、女性は男性よりも離職、休職する可能性が高いのです。
女性こそ起業して「自分が復職しやすい環境」を作れるスキルをつけておけば良いのです。