独立 起業 資格 借金なし 自由
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無理をしない起業のすすめ

起業5年目、個人事業主。嫌われ者のダメ会社員から、人気者の自営業者にジョブチェンジ。無理せず起業のリアル体験談をお届けします。

実店舗はあるけど、仕事の依頼は9割以上ホームページ経由です。/起業とネットの話

前回、ネットビジネスと実店舗の比較記事を書きましたが、
我ながら消化不良感があったので 、今回もネットビジネスについて。

 

前回の記事では、実店舗での起業をお薦めしました。
ただしそれは、 ネットビジネスの可能性を否定するものではありません。

 

実店舗での起業はネットよりも準備が大変ですが、その分成果が実を結ぶ可能性が高い。 

だから、初めての起業ならば思いきって実店舗を経営することをお薦めしたのです。

 

しかし当然ながら、実店舗を経営する場合でもネットはツールとして使います。

ホームページで業務内容や連絡先が確認できるというのは、
起業をするなら当然のことですよね。

 

私も現在、仕事の依頼は9割以上ホームページ経由で頂いています。

 

けれど、初めからコンスタントにネット集客が出来ていたわけではありません。

店舗のTwitterアカウントやFacebookページを作ったり、SEO対策をしたり、

ホームページリニューアル、広告…などなど、初めのうちは試行錯誤でした。

 

これ、正にイケダハヤトさんも言われてた「必要なスキルは起業するとついてくる」だと思うんですけど、
イケダハヤトさんのブログに私が言いたいこと書いてありました。/起業の話
http://izutsukyoko.hateblo.jp/entry/2015/07/23/102658

 

実際に起業してネットを活用していくと、どんなことをすると反応がいいかとか、
意外と効果がないこととかどんどんわかってくるんですよね。

 

そして、そのノウハウは業種やお客さんの層によって違ってくるんです。

だから、あなたのしたい仕事のネット活用のスキルを高めるには、
実際にホームページなど作って運用するのが一番確実なのです。

 

ネットビジネスには確かに魅力的な可能性がありますが、
やはりネームバリューのない一般人が成果を上げるにはハードルが高いと思います。

 

もしあなたがネットビジネスに興味がおありなら、
実店舗で経営をしながら並行してネットへのスキルや知識を増やしていく方が合理的なのではないでしょうか。