独立 起業 資格 借金なし 自由
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無理をしない起業のすすめ

起業5年目、個人事業主。嫌われ者のダメ会社員から、人気者の自営業者にジョブチェンジ。無理せず起業のリアル体験談をお届けします。

独立するのに資格は必要なのか。/起業の話

「個人で仕事してます。」と言うと9割の確率で聞かれる質問があります。

 

「なにか資格持たれてるんですか?」

 

「独立」と「資格」はセットという風潮がいかに強いか身を持って感じています。

 

しかし、これは謎の風潮ですよ。
独立に資格って必要なのでしょうか。

勿論、資格がないと違法になる職業ってありますし、
その職業で独立したいなら資格は必須条件ですが、
そういう場合を除けば、

 

独立に資格が必要なんて「迷信」です。

 

なんて偉そうに書いていますが、実は私も会社員時代はこの迷信の信者でした。

「独立するなら何か資格を取らないと…!」と、

仕事帰りに駅前の資格のスクールに通ったり、
ネットで見つけた「絶対受かる!宅建!」なんて怪しい教材を買ってみたり。

宅建の教材は確か8万円くらいしました。PDFファイルで。

 

会社員時代に勉強した資格の数は5つほどです。
挫折したものもありますが、運良く2つ受かった資格もありました。

 

しかし、いざ念願の資格を取った時に私が感じたことは「喜び」ではなく、

 

「資格を取っても「これで独立ができる!」という気持ちには全くなれない。」

 

という実感でした。

それもそうです。
そもそも「資格」というものへの認識が間違っていたんです。

 

まず自分のしたいことがあって、その知識を増やすために勉強をする。
その勉強のモチベーションを保つための「目標」や「指標」になる。

 

そう、資格は「目標」や「指標」ではあっても、
あなたを独立させてくれる「何かすごいもの」ではないのです。


あなたに何か明確にやりたいことがあるのなら、
その勉強の目標とするために、資格取得を目指すのは良いでしょう。

 

「資格がないと独立はできない」と思ってしまうことは、
起業に踏み出すことを現実以上に神格化してしまうだけです。

 

前回の記事でも書いたように、スキルは起業すると飛躍的に伸び出すものです。

イケダハヤトさんのブログに私が言いたいこと書いてありました。/起業の話 http://izutsukyoko.hateblo.jp/entry/2015/07/23/102658

 

国家資格のように就業に必須でないならば、
資格がなくてもできることは沢山あります。

実際に業務を行ってみて「あった方が良い」と思う資格があるのなら、

その時受ければいいのです。
その方がスキルが飛躍的に伸びている分、効率的に学習が出来るはずです。

 

起業をするために本当に必要なことは、
現状の自分のスキルでも出来ることはあるかと視野を広げたり工夫をすることです。

 

資格を盲信して視野が狭まっている。
そんな事態だけは避けたいものです。