独立 起業 資格 借金なし 自由
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無理をしない起業のすすめ

起業5年目、個人事業主。嫌われ者のダメ会社員から、人気者の自営業者にジョブチェンジ。無理せず起業のリアル体験談をお届けします。

Twitterで愚痴を垂れ流さないといけないような仕事なら辞めちゃえばいいのに。あなた害悪です。

仕事の愚痴をツイートしてる人って多いですよね。

 

「はぁ、こんな頑張ってるのに、今日もダメ上司のせいで残業(-_-)」
「取引先の担当マジ使えない。やる気あんのか。」

 

こんな感じで。

 

はっきり言ってこういう人たちって害悪ですよね。

本人は「仕事出来る自分!」「私仕事頑張ってるでしょ!」てつもりで書いてるんでしょうが、
人を不快にさせてるだけです。

 

しかも、こういう人ってもう何もかも気に入らないのか仕事以外も愚痴ツイートが多いんですよね。

「帰りの電車の中、冷房効き過ぎ。横の学生うるさいし。最悪。」
「あー、頭痛い。また病院行かなきゃ…。」

 

こういう人たちに言いたい。
「苦労してる自慢」「疲れてる自慢」は学生時代で卒業しましょうよ、と。

 

いい大人がそんなこと書いてもかっこ悪いだけです。
「自分は楽しく生きられてません。」てアピールしてるだけです。

 

そして、そんな愚痴が日常化するような仕事は辞めるべきです。

 

「は?!なんで私が辞めないといけないんだ!

 自分はこんなに仕事頑張ってるんだぞ!」

という反論が目に浮かびますが、

 

いやいや、そう怒らないでください。
そんな仕事は辞めろ、ていうのは「あなたの為」なんですよ。

 

こういう愚痴ツイートをする人は、

「自分はきちんと働いている。偉いでしょ。誰か褒めてよ。」

という気持ちを持っています。

 

実際、愚痴ツイートに対して

「大変だね!仕事頑張っててエラいよ~(・・)\(^_^)ヨシヨシ」
なんて返信もよく見ますよね。

 

でも、ちょっと待って下さい。
きちんと働いてることってエラいことなんでしょうか?

 

働くことの意味って、人の役に立つ為に~みたいな建前はありますが、
実のところ「自分が生きていくお金を稼ぐため」ですよね。

 

自分が生きていくために働いているのに、
それを「偉いでしょ。」て思うことがそもそも間違っているんですよ。

 

働いててエラいなんていうのは、「無職やニートよりはエラい」程度の意味しかないんです。

 

そう、働いてるってことは極めてスタンダードなことなのです。

 

だから、日常的に愚痴っている人の価値は、
「スタンダート」から「人を不快にさせている」分マイナスになります。

 

毎日しんどい思いして働いているのにマイナスなんですよ。
踏んだり蹴ったりです。

 

では、プラスになるようなことは何かというと、
それはやはり「前向きに活き活きとしていること」です。

 

「この人といるとやる気が出てくるなぁ。」とか
「この人みたいになりたいから自分も頑張ろう!」というように、

周りの人間に良いエネルギーや動力を与える。
大人の価値というのはそういう所から生まれてくるものです。

 

愚痴ツイートをしているあなた。ツイートしてる場合じゃありません。

マイナスになっている自分の現状に危機感を持てば、
ツイートよりしないといけないこと沢山ありますよ。